ジパングカジノで出金する前にチェックしておきたいこと

著者:concertoperunami

ジパングカジノで出金する前にチェックしておきたいこと

ジパングカジノの出金方法は、シンプルで分かりやすいことが特徴です。
しかし、そんなジパングカジノであっても、出金前にいくつかチェックしておくことが重要であり、怠ってしまうと出金に手間取ることも少なくありません。
 
多くの場合、自分で調べて自分なりのチェック項目を設けていることが多いのですが、具体的にどのようにチェックしていいのか迷う方も決して珍しくはありません。
そこで今回は、ジパングカジノの出金をどのように行えば良いのか、そのチェック項目について紹介・解説していきます。
 

何を出金前にチェックすればいいのか

何を出金前にチェックすればいいのか
ジパングカジノの出金前に必要なチェック項目として、出金条件、入金した際の手段、ボーナス規約の違反の有無、身元確認書類の提出があります。
これら4つの項目をクリアしていないと、意外な場面で出金が行えず、トラブルになることも少なくありません。
 

1.出金条件

1.出金条件
ジパングカジノの出金条件をチェックしておきましょう。
出金する前にチェックするつもりでも、意外と条件に合致しない場合もあるため、事前に調べることが重要です。
その条件とは、入金ボーナスなどのボーナスを受け取った場合と受け取らなかった場合では、異なるということです。
 
ボーナスを受け取った場合
ボーナスごとに設定された最低賭け条件をクリアしておく必要があります。
例えば、入金ボーナスの場合は入金額+ボーナス額×18~60が最低賭け条件です。
100ドル入金して100ドルの入金ボーナスを受け取った場合は、最低100ドル+1,800ドルの1,900ドルが最低賭け条件になります。
負け金額ではなく、ベットした金額になるので、これだけの金額をベットすることで条件をクリアすることができます。
  
ボーナスを受け取らなかった場合
自分が入金した金額だけをプレイするので、100ドルを入金した場合は100ドル分のベット金額でクリア可能です。
こういった条件に合致しているかを調べておくと、いくら出金申請しても断られるといったトラブルを回避できます。
 
出金限度額の条件を超えている場合
この出金限度額は1か月の入金額+1万ドルという設定です。
オンラインカジノでこういった大当たりを出してしまうと、出金限度額を超えてしまうことも多く、一度に出金しようとしても出金できません。
 
こういった条件もあるので、大当たりした場合はチェックしておきましょう。
ちなみに翌月になれば、限度額はクリアされるので、同じ条件で出金可能です。
 

2.入金と出金が同じか

ジパングカジノの入金方法と異なる方法では出金できません。
例えば、エコペイズで入金した場合、出金をペイトラにできないという仕組みです。
もし、エコペイズで入金したら、かならずエコペイズで出金するようにしましょう。
出金をどうしてもペイトラでしたい場合は、ペイトラで入金を行い、最低賭け条件をクリアしたうえで、改めてペイトラで出金するのがおすすめです。
このように最初に何で入金したかを把握しておくことも出金前の重要なチェック項目です。
 

3.ボーナス規約に違反していないか

ジパングカジノのボーナス規約は、最低賭け条件などボーナスのカウント方法以外にもルールがあります。 
 
最も犯しやすいミスが、ベット額の上限を超えてしまう、ボーナスを利用できない禁止ゲームでプレイしてしまう場合です。
 
これらの場合、ボーナスとボーナスによって獲得した勝利金は全て没収されるため、出金条件を満たしたと思っていても出金できない場合が少なくありません。
これはどんな場合でも起こり得るので注意して対応するようにしましょう。
ボーナスを受け取った時点で出金を見越して必ずチェックしておくのが重要です。
 

4.身元確認書類の提出

4.身元確認書類の提出
ジパングカジノではマネーロンダリングなどの不正出金防止の観点から、出金者の身元確認を行っています。
初回出金前にアカウントを認証させておく必要がありますが、運転免許証があれば、その画像だけで完了します。
 
この画像をサポートにメールで送信することによって身元確認ができますが、メールには本人確認書類を添付することを明記、ジパングカジノのIDや氏名を併記して送信するようにしましょう。
 
また、運転免許証以外の身元確認書類を提出する場合は、パスポート、健康保険証を本人確認書類として提出するだけでなく、補助書類として発行日から3か月以内の住民票や公共料金の請求書などを同時に添付しておきましょう。
 
このように認証させておかないとどんなに条件をクリアしていても出金できません。
出金前に身元証明を行っているか、事前にチェックしておくことが大切です。

著者について

concertoperunami administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。