危ないオンラインカジノの見分け方とその成り立ち

万全のサポートで安心できるオンラインカジノ

第一位

ジパングカジノ

オンラインカジノ界の絶対王者 ジパングカジノ

数ある日本語対応カジノの中でも唯一24時間日本語対応を完備している上に、ボーナスも豊富と言う”オンラインカジノの絶対王者”と呼ぶにふさわしいカジノです。

第二位

ベラジョンカジノ

プロモーション多彩で遊びやすい ベラジョンカジノ

数多のソフトウェアが提供する数百にも上るゲームがノーダウンロードで遊べる上に、こまめにプロモーションを実施している為どなたにも遊びやすいカジノです。

第三位

チェリーカジノ

ギャンブル界の老舗中の老舗 チェリーカジノ

50年以上にもわたる企業としての運営実績と高いユーザビリティを誇り、多くのオンカジプレイヤーから高い評判を得ているカジノです。

第四位

ラッキーニッキー

アニメと融合を果たし、どこよりも高い親しみやすさを獲得した ラッキーニッキー

世界に数多あるオンラインカジノの中でもアニメーションと融合し、新しい形態のカジノとして高い人気を博しています。

第五位

カジ旅

オンラインカジノ界唯一のロールプレイング風UIを持つ カジ旅

『インターフェースにボーナスと連動したRPG仕様を導入』と言う、オンラインカジノの新しい遊び方を提供してくれているカジノです。

第六位

ジャックポットシティ

マイクロゲーミング系カジノの筆頭 ジャックポットシティ

オンラインカジノ業界内でも屈指の企業規模と長い運営実績を誇っており、長きにわたって多くのプレイヤーの人気を集めているカジノです。

第七位

ネットベット

多種多様なギャンブルを用意してあなたを待つ ネットベット

独自開発したソフトウェアのゲームを擁している上に、カジノだけにとどまらずスポーツブック等多様なギャンブルを提供してくれているカジノです。

安全性が特に秀でたカジノ一覧

第一位

ジパングカジノ

オンラインカジノ界の絶対王者 ジパングカジノ

第二位

ベラジョンカジノ

プロモーション多彩で遊びやすい ベラジョンカジノ

第三位

チェリーカジノ

ギャンブル界の老舗中の老舗 チェリーカジノ

第四位

ラッキーニッキー

アニメと融合を果たし、どこよりも高い親しみやすさを獲得した ラッキーニッキー

第五位

カジ旅

オンラインカジノ界唯一のロールプレイング風UIを持つ カジ旅

第六位

ジャックポットシティ

マイクロゲーミング系カジノの筆頭 ジャックポットシティ

第七位

ネットベット

多種多様なギャンブルを用意してあなたを待つ ネットベット

カジノは外国では、日本で言うところのパチンコみたいなものなので非常にスタンダードなギャンブルです。
しかしながら厳密に言えば、カジノが出来る国でもパチンコのようにどこでもカジノを作ってよい訳ではなく、運営出来る場所が決まっているのでそこはちょっと特殊であると言えます。
外国人の集客も目的の一つなので、例えば人口の少ない地方にカジノを作っても客は自然と集まる為運営が成り立つ訳です。
とはいえ問題になるのがやはりアクセスです。
例え国内にカジノがあっても、場所が決まっている以上パチンコやスロットのようにフラッと行く事は出来ないかもしれません。
その点オンラインカジノは場所を選びませんから、わざわざ遠くまで行かなくても済みます。
店舗自体は国に認められた場所にあり、なおかつそこでルーレットなど行うのでやっている事は同じです。


ここで考えてみて欲しいのは、オンラインという事は世界中どこからでもアクセス出来るという点です。
その為、理屈上はカジノが認められていない国からでも参加出来ることになります。
この辺は国によってボーダーラインは異なるのですが、日本の場合で言うと完璧に黒とまでは行っていません。
「黒とは言えない」という表現をした理由としては、場合によって黒と扱われることもあるということなのですが、ではどんなオンラインカジノが危ないのかと言うと、ディーラーが日本人のカジノ店舗です。
しかし何故危険なのかお判りになるでしょうか?
ディーラーが日本人の場合は『わざわざ日本人が外国で日本人相手にオンラインカジノを開いている』という見方をされ、客観的に見て法をかい潜っていると見なされる可能性もあるからです。
ですから、まずはネットでオンラインカジノの各店舗について調べて、日本人向けにやっていて危なそうな感じがしたら避けておいたほうが無難です。

幸い、オンラインカジノについて詳しい情報を提供してくれる優良なサイトがあります。

オンラインカジノとはインターネットでプレイするカジノで1990年代から世界中で爆発的なブームになっています。ネットでカジノというとインチキやいかさまと思われがちですが、実際のオンラインカジノは外国政府が発行したライセンスを受け、多くの審査を受けて運用されている公正でクリーンなギャンブルです。
引用:オンラインカジノウィナーズクラブ

さらにはそのようなカジノの中には詐欺師が関わっている場合もあります。
そもそも法逃れをすることから始まっているので、何か別にインチキもやっている可能性もあるでしょう。

しかし元々はオンラインカジノというのは、場所を選ばない便利な存在なはずであり、問題となっているは一部の悪質ディーラーやカジノな訳で、ほとんどは公正にカジノをしていますしずっと人気は高いです。
危ないオンラインカジノの見分け方としては、やたらと日本人仕様になっているところは怪しいです。
日本語表示があるくらいならまだ良いですが、外国で評価の高い人気のカジノならまず大丈夫でしょう。
絶対アウトなのは店舗が国内にあるのに、外国にあると偽って運営しているオンラインカジノです。
普通に違法ですからまずこのタイプは絶対に避けましょう。


ここで一つ言っておきたいのは、インターネットを使ってカジノをすることは元々その国に認められているという部分です。
オンラインカジノが発達したのは、自然な流れかと思うでしょうが実際に国に認められたオンラインカジノ店が登場したことで流れは加速しました。
当然話題性がありますから、その店舗は人気を集めました。
すると他の国のカジノ店も参入したいと思うのは当然の事ですし、他の国もどんどん認可を出していきました。
やはり売り上げにすごく貢献するというのが、店にとっても国にとってもメリットしかありません。
利用者にとっては、実際に店内に居る訳では無いのでイカサマも不安になりますが、それを差し引いても利便性という大きなメリットがあります。
普通のカジノに比べて勝ちにくいかと言うと、それは一概には言えないと思います。
あくまで公正なのであれば、同じルールでやったとして大きく勝率が変わる事があるとすればその原因はプレイヤー個人にあるはずです。
まず心因的に、オンラインカジノですと実際に店内に居ない訳ですから「場の雰囲気」に飲まれにくいでしょう。
逆に良い意味での緊張感を失ってしまい、下手な賭けをしてしまう人も居るかもしれませんね。
これはおそらく向き不向きのレベルでしょうから、特筆するような事は無いでしょう。
どういう人がオンラインに向いているのかと言うと、やはりオンラインで参加した方が良いコンディションを保てるタイプの人が挙げられます。
投資でもそうですが、ゲーム感覚でやった方が勝率が高くなるなんて事はよく見られます。
ゲームだと気にせずお金を使えますし、本番でも余剰金でやればゲーム感覚も保てるでしょう。
日本人の場合ですと、実際にカジノに行く場合は観光の側面が大きいですからどうしても舞い上がってしまいます。
観光ならばどう考えても高い食事にお金を払える心理と似ています。
逆に言うとゲーム感覚とも似ていますから勝てそうな気もしますが、やっぱり負けた時のダメージは大きいです。
こういった気性のある方でしたら、オンラインにしておいた方が良いかもしれません。



いずれにしても、カジノをやりたい人は楽しみたい人なのでしょう。
お店が儲かるという理由もありますが、やはり誰でも気軽に楽しみたいからオンラインカジノは誕生した訳です。
何もカジノで生活したいと思っている人ばかりじゃないでしょうし、破産しない程度に楽しめるならばオンラインはかなり良いツールになりますよね。
危険な店舗も中には混ざっていますが、お店選びをしっかりとすればカジノを楽しんでいけると思います。