海外ライセンス取得カジノは合法性がある

著者:concertoperunami

海外ライセンス取得カジノは合法性がある

日本では公営競技や宝くじなどの一部の例外を除き、ギャンブルは違法です。
オンラインカジノも違法と感じる人もいますが、オンラインカジノは運営元が日本ではないことがポイントになります。

海外のギャンブルが合法な国にインターネット経由でアクセスするため、国内でギャンブルをするのとは意味合いがまったく異なってきます。

海外ライセンスを取得し、合法的に運営されているオンラインカジノで遊べば法律上のトラブルを気にする必要がないのです。

海外オンラインカジノを国内で裁くのは難しい

海外オンラインカジノを国内で裁くのは難しい

日本のギャンブルの違法性を考える上で重要になるのが、賭博行為の違法性を問う法律自体が国内の人間同士で行われることを前提に作られているということです。

賭博を禁止する法律が出来たのは非常に古く、明治時代までさかのぼります。

これは民間人が自由に賭博を開いたり、それで利益をあげられる状態になるとトラブルの元になると考えられていたためです。

公営競技や宝くじなどの一部の例外に関しても、その仕組みを支える法律などが存在します。
ただし、法律はインターネットを前提として作られていないものが多く、海外で合法なものを国内で取り締まることが難しいものもあります。

オンラインカジノは海外では合法なサービスであり、海外で運営されているものを日本の法律で取り締まることはせきません。
日本の法律で違法性を問うことが出来ないため、サービスを利用した人の罪を問うことも難しい状況です。
似たような状況は、オンラインカジノ以外の分野でも見られます。

たとえば、国内のFXや仮想通貨の法律上の扱いと海外の法律上の取り扱いには違いがあり、日本にいながら海外業者を利用する人が多い理由にもなっています。
海外で合法的に運営されているかは非常に重要で、違法なサービスでなければ安心して遊ぶことが出来るのです。

海外に拠点がある業者を選ぶことが重要

海外に拠点がある業者を選ぶことが重要

海外のオンラインカジノの違法性を問うことが難しいのは、拠点が海外にあり、海外のライセンスを取得していることが前提になります。

これが日本に拠点がある場合や、ライセンスを取得していない違法なオンラインカジノであれば話が変わってきます。
日本に拠点があり、ライセンスなどの合法性を担保するものがなければ利用者自体も罪に問われる可能性が出てくるためです。

過去の事件でも、オンラインカジノを遊ぶ場を提供し、オンラインカジノの運営にも関わったとして逮捕者が出た事例が存在します。

インターネットカジノ、いわゆるインカジが激減した理由でもあり、運営者との関係性も詳しく調べられているのが特徴です。

自宅などから海外のインターネットカジノを遊び、それがライセンスを取得した合法的なオンラインカジノで、日本人が無関係であれば罪を問う理由がなくなります。

いわゆるオンラインカジノ大手で、日本向けのサービスも積極展開しているところであれば不安に思う必要自体がないのです。

運営者が逮捕されたドリームカジノ事件

オンラインカジノで、逮捕者が出た事例もあります。
2016年6月に、ドリームカジノの運営者が逮捕されました。

キュラソー島のライセンスを取得し、海外で運営されているとされていましたが、日本語のサポートしかなく、実質的に日本で運営されているとみなされての逮捕です。
サーバーは海外にあったものの、日本人が運営しており、運営者も日本に住んでいたことから逮捕され有罪判決を受けています。

重要なのは、オンラインカジノを遊んでいた客に逮捕者が出ていないという点です。
あくまで問題があるのは運営であり、知らずにオンラインカジノで遊んでいた人は被害者ともいえます。

トラブルに巻き込まれないためにも、海外資本で、日本人が運営に関わっていないオンラインカジノかどうか調べることも大切になりつつあるのです。
オンラインカジノの運営者が誰なのかは軽く調べればわかるものがほとんどで、公式サイトに記載があるものも多くなっています。

海外では上場企業やそのグループ会社がオンラインカジノを運営していることが珍しくなく、社会的な信用を得ていることが多くなっています。

海外のオンラインカジノのライセンス取得難易度は厳しく、社会的な責任や法の遵守を求められることが一般的です。
企業名などもオープンにし、透明性を確保することで信頼を得ようとするオンラインカジノは珍しくなくなりつつあります。

安全や信頼を重視する姿勢が明確だからこそ、大手のオンラインカジノが人気になっている面もあるのです。

ライセンスを取得した海外運営なら安心

ライセンスを取得した海外運営なら安心

オンラインカジノは海外の法律に基づいて運営されるのが一般的で、合法的に運営されています。
海外業者を装った日本の業者が逮捕されたケースもありますが、その際もプレイヤーは逮捕されていません。

また、プレイヤーに罪があるか問われた事件で無罪を勝ち取ったケースも存在し、プレイヤーの罪を問うことは出来ないという事例にもなっています。

信頼性が高い海外企業のオンラインカジノを遊べばトラブルに巻き込まれることもなく、安全に遊ぶことが出来るのです。

著者について

concertoperunami administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。