各々の入出金手段の長短を考える

著者:concertoperunami

各々の入出金手段の長短を考える

オンラインカジノの魅力の一つに、金銭のやり取りがあります。
この金銭のやり取り、オンラインカジノの入出金にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回、オンラインカジノで取り扱っている入出金方法を紹介し、メリットやデメリットについて触れていきます。
これを読めばきっと、オンラインカジノの入出金方法について知ることができるのではないでしょうか。

現金を直接扱うクレジットカードや現金送金

現金を直接扱うクレジットカードや現金送金

メリット
オンラインカジノで直接現金のやり取りができるのがクレジットカードや現金送金です。
主に米ドルによってクレジットカードで入金をし、米ドルを両替した状態で日本の銀行口座へ現金送金するという方法になります。

このメリットは、クレジットカードで気軽に入金ができることや具体的にいくら出金できるかが分かりやすいことです。
クレジットカードの入金はとても簡単で、海外のECサイト(通販サイト)を利用するような気軽さが魅力と言えます。
まるで海外で商品を買ったように、すぐにオンラインカジノの口座に反映され、遊ぶことができるのです。

また、具体的にいくら出金されるのか分かりやすいのもメリットとして挙げられます。
実際のお金が送金されてくるので、レートなどが分かっていれば何円口座に入ってくるか分かりやすく、しかも入金されれば近所のATMやコンビニで気軽に出金できるのも魅力です。

デメリット
デメリットもあります。
それは出金時の手数料が高いことや時間がとてもかかることです。
入金に関してはデメリットらしいデメリットはありませんが、出金するときの現金送金はデメリットがあります。
出金時の手数料が高いことです。

オンラインカジノによっては無料のところもありますが、場所によっては60ドル(約6,500円)というケースもあります。
この60ドルは極端ですが、他のオンラインカジノでも出金方法の中では高めになっているのが弱点です。
口座に振り込まれるのに時間がかかります。

海外の銀行から日本の銀行に送金をするのは、どうしても大変な作業です。
そのため、翌日には出金できようになる他の出金方法に比べて時間がかかり、場合によっては1週間かかるケースもあります。
こういった手段がクレジットカードや現金送金の特徴です。

電子決済は現在のメインストリーム!

電子決済は現在のメインストリーム!

電子決済はある意味、現在のオンラインカジノのメインストリームかもしれません。
アイウォレット、エコペイズ、ヴィーナスポイントと言ったものが代表的です。
これらの仕組みとしては、アカウントと口座を作り、そこで1ポイント1ドルと言ったようなレートで入金したお金をポイントに変えます。

そして、そのポイントをオンラインカジノに入金し、出金時はポイントに戻して口座に入れるというものです。
メリットとしては、スピーディー、管理が簡単、オンラインカジノ間の移行が便利と言ったものが挙げられます。
電子決済とオンラインカジノの親和性は高く、アドレスとパスワードを入力すれば、わずか1分で入出金ができてしまうケースも珍しくありません。

電子決済サイトにログインすれば、入出金の流れが一目でわかるので分かりやすくこれもメリットです。
また、別のオンラインカジノで遊びたい場合も資金の引き上げがスムーズで新しいオンラインカジノへの入金も簡単なことから、オンラインカジノの移行もしやすいというメリットもあります。

デメリットは、アカウントを作るのが面倒、二重の手数料がかかる場合があると言ったものになります。
電子決済のサービスを利用するにはアカウントを作ることが必要です。

金銭を扱うので、身分証明書の提出や住所などの手続きと言った銀行口座を作るような手間がかかります。
二重の手数料がかかるのもデメリットです。
すべてのケースではありませんが、オンラインカジノからの出金時と電子決済サイトから手元の銀行口座への出金時に二重の手数料が発生する可能性があります。

オンラインカジノの出金時手数料は無料のところもありますが、電子決済サイトから手元の銀行口座へは時に数%程度の手数料が発生します。

これによって出金時の儲けが目減りすることもあるのです。
こういったデメリットはあるものの入出金のスピード感からメインストリームになっています。

仮想通貨は将来の主流になる?

仮想通貨は将来の主流になる?

仮想通貨と言うと、投資の材料だったり、ニュースのネタになったりと言った話題が先行します。
しかし、オンラインカジノでは実際の決済に採用するところも出てきました。
メリットとしては、スピード感、扱いやすいといった点です。

電子決済のようにすぐに反映されるため、入出金が迅速にできますし、自分の口座(ウォレットのアドレス)に直接入金されるので手軽です。

さらに仮想通貨を持って、国内の仮想通貨取引所で現金出金を依頼すれば簡単に現金としてATMやコンビニで出金できます。
デメリットしては、慣れないと使いにくい、レートの変化が激しいということです。
アドレスや仮想通貨を受け取った後の扱いなど、慣れていないと何となく抵抗を感じます。

また、誤ったアドレスを入れてしまうと、永久に取り戻すことはできなくなるという点も注意です(銀行であれば何とか取り消せるものの仮想通貨は不可能)。

さらに、米ドル日本円以上にビットコイン日本円のレートは激しく、儲けていたと思ったら目減りして大損したということすらあります。
若干レートの不安定さはあるものの、慣れると使いやすいことから将来の主流になりうる入出金方法です。

入出金方法の基本的な流れ

最後にオンラインカジノの基本的な入出金について解説します。
入金は簡単です。
トップページから、たいていのオンラインカジノでは一番目立つところに入金というアイコンがあるので、それを選んでクレジットカードの番号や電子決済のアカウント、仮想通貨のアドレスなどを入力し金額を入れます。

出金はやや面倒です。
事前に身分証明の手続き(設定などから行える)を済ませておき、その後出金のアイコン(目立たないところにあることも)を選び、銀行口座や電子決済のアドレスやパスワード、仮想通貨のアドレスを入力し、金額を入れて出金申請を行います。

入金はどこのオンラインカジノも簡単ですが、出金は難しいところもあるので、オンラインカジノを始める前に出金方法はきちんと押さえておきましょう。

著者について

concertoperunami administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。