年別アーカイブ 2019

著者:concertoperunami

部外者による監査が何より肝要

オンラインカジノはどんな会社が運営をしている?

オンラインカジノはどんな会社が運営をしている?

オンラインカジノを始める前に、運営会社がどのような会社なのかという点は、知っておきたいところです。
日本の公営ギャンブルの場合、たとえば競馬は競馬協会、パチンコならパチンコ会社というように、運営元が知られています。
しかし、オンラインカジノは海外で運営されているということもあり、日本人にはあまり馴染みがありません。

そこで、オンラインカジノの運営、その仕組みについて詳しく見ていきましょう。

一流企業が運営をしているオンラインカジノ

オンラインカジノは、一部の悪質なカジノを除き、一流の企業が運営をしていることがほとんどです。
有名な例としてヴァージングループやヒルトングループなどがカジノの運営に乗り出しています。
株式市場上場をしているような企業がオンラインカジノの運営を行っていることが多く、スポーツチームのスポンサーをしていたり、とても知名度が高いことも多いです。

オンラインカジノを運営するためにはライセンスが必要ですし、ライセンス料を支払い、そして審査をクリアする必要があります。
従って、財務状況が健全でなければ、オンラインカジノを運営することが出来ません。
優良とされているオンラインカジノについては、大企業が運営をしているということもあり、信頼性も高いです。

オンラインカジノの構造について

オンラインカジノの構造について

オンラインカジノの仕組みですが、運営会社はプログラムの運営を行っていますが、それ以外の決済や、ゲームのソフトウェア開発は完全に別会社に任せています。
オンラインカジノと私達が呼んでいるのはその運営会社のことです。

まずは、オンラインカジノにソフトウェアを提供しているのが、「マイクロゲーミング」「プレイテック」といったゲームのソフトウェア会社です。
これらの会社において、ゲームのソフトウェアが開発されており、それぞれのオンラインカジノへと導入されています。
また、オンラインカジノの決済を行っているのが決済会社です。決済会社はプレイヤーとオンラインカジノの仲介役として、資金の流れを管理し、適切に決済の処理を行っています。

オンラインカジノの運営についてですが、誰しもが運営をすることが出来るというわけではなく、合法とされている国においてライセンスが発行されなければなりません。
政府から許可を得て運営されています。またその後も外部の監査機関によって監査が入り、公平性などをチェックされています。
オンラインカジノは、さまざまな機関や企業においてこのように構成されています。

オンラインカジノとライセンスの関係

オンラインカジノは、オンラインカジノが合法とされている国から正式にライセンスが発行されて運営されています。
よってライセンスが発行されなければ、運営をすることが出来ません。
ライセンスの発行までには長い月日がかかりますし、厳しい審査が行われます。
この審査では、公平性や安全性はもちろん、企業の財務状況や、健全性、そして企業の事業内容なども審査されることになります。
国や政府の審査を乗り越え、ようやくライセンスが発行されるという厳しいものとなります。

また、高額なライセンス料を支払う資金力も必要となります。
オンラインカジノにはライセンスがこのように発行されているので、ライセンスがないオンラインカジノは不正が行われている可能性が高いです。
安全性の証としてライセンスが存在しています。

外部の監査機関によるチェック

オンラインカジノはライセンスが発行された後にも、外部の監査機関により公平性やペイアウト率などのチェックを受けており、これらはデータ化されています。
もしも不正があれば、この時点でライセンスが剥奪されてしまいます。
あらゆるオンラインカジノでは、外部の監査機関からのチェックを受け、プレイヤーからの信頼を勝ち取るための努力をしています。

オンラインカジノの監査はとても厳しいもので、身内同士ではなく、完全に外部の監査機関の審査ですので、信頼性は高いです。
監査機関には「イーコグラ」「TST」などの有名なカジノの専門の監査機関があります。

オンラインカジノとソフトウェアの関係

オンラインカジノとソフトウェアの関係

オンラインカジノの根幹とも呼ばれる存在がソフトウェアの存在です。
ソフトウェアがしっかりとしていれば、不正もなく安全にギャンブルが楽しめます。
反対にソフトウェアに不正があれば、プレイヤーが勝つことが出来なかったり、イカサマで当然ながらお金を失ってしまうリスクがあります。

オンラインカジノとソフトウェアはとても重要な関係であり、ソフトウェアが信頼できない場合は、そのカジノに登録をすることは避けておくべきです。
有名なソフトウェアに、「マイクロゲーミング」「プレイテック」があります。
信頼性の高いソフトウェアが採用されていれば、ゲーム性はもちろんですが、不正の心配もなく、安全に楽しめます。

著者:concertoperunami

カジノからの出金に特化した入出金手段

ヴィーナスポイントはお金を送金するシステムではない

ヴィーナスポイントはお金を送金するシステムではない

ここ最近オンラインカジノが採用している方法の1つとして、ヴィーナスポイントがあります。
一見すると新しい入金方法のように思われますが、実際には入金の補助的な要素として使われる手法であり、単独では全く仕事をしてくれない入金方法なのです。

その理由として、ヴィーナスポイントはお金を送金するシステムではなく、入金額を計算してポイントを提供するサービスとして採用されているからです。
従っていきなりヴィーナスポイントを使うという選択は難しく、利用する場合はヴィーナスポイントにポイントを貯めなければなりません。

ヴィーナスポイントは単独では全く機能しない

オンラインカジノが採用しているヴィーナスポイントは、単独で何かをしてくれる入金方法ではなく他の方法と一緒の利用しなければ全く効果がありません。
その理由として、ヴィーナスポイントは入金できる方法として使われますが、お金を直接送金するシステムを採用しているわけではないからです。
お金を送金する方法として、ヴィーナスポイントはポイントをお金に変える手法を使っているため、単独でお金を送金できる能力はありません

ヴィーナスポイントを使うためには、まずオンラインカジノへ入金しなければなりません。
オンラインカジノの入金方法は何を採用してもいいですが、必ずヴィーナスポイントのアカウントを作成した状態で入金してください。
ヴィーナスポイントのアカウントを保持していない状態で入金した場合、ヴィーナスポイントの恩恵は受けられなくなり、ただオンラインカジノへ入金しているだけの状態と扱われます。

保有しているヴィーナスポイントのアカウントは、オンラインカジノから出金した際、金額をポイントに換算します。
そして入金後にポイントを配布して、そのポイントを将来的にヴィーナスポイントから入金させる方法として使えます。
つまりヴィーナスポイントは単独で何かをするというより、他のサービスと一緒に使って将来的に軍資金を増やす方法なのです。

単独で何かをしようと考えている方は、その気持ちを少し考え直したほうがいいでしょう。

ヴィーナスポイントは出金時にポイントを得て還元させる

ヴィーナスポイントは出金時にポイントを得て還元させる

オンラインカジノから出金する方法としてヴィーナスポイントを使った場合、ヴィーナスポイントは出金された額に対してポイントを計算し、ヴィーナスポイント内にポイントとして残します。
このポイントは将来的にオンラインカジノへ向けて出金可能となり、軍資金が不足している時にはヴィーナスポイントを使って入金します。
出金先を他のサービスではなくヴィーナスポイントに変えていれば、間違いなく軍資金アップが期待できるのです。

多くの軍資金が必要と判断している人はもちろんのこと、自分のお金を使って入金を続けたくないと考えている方にもおすすめの方法です。
ヴィーナスポイントのポイントさえ持っていれば、現金をすぐに得られる可能性がある他、もしお金がなくて困っている時でもヴィーナスポイントの残りを使っておけば、何もしていないのに現金を得られるのです。
オンラインカジノへ更なる勝負をしたいと考えている方や、将来的にお金がない時にオンラインカジノで楽しみたい方にお勧めです。

出金時にポイントを還元するシステムのため、ポイントを多く保有したいときは大量にお金を出金させなければなりません。
しかしオンラインカジノは1度に出金できる額を制限しているので、ヴィーナスポイントに対してあまり多くの金額を出せないのです。
つまり1回の出金では大量のポイントを稼ぎだすのはかなり難しいでしょう。
何度か出金を繰り返して、とりあえずポイントを増やすところから始めましょう。

多くのポイントがあればヴィーナスポイントだけで入金可能

多くのポイントがあればヴィーナスポイントだけで入金可能

多くのポイントを持っていれば、最終的にヴィーナスポイントだけで入金可能となります。
ポイントを増やしたいと考えているなら、まずはオンラインカジノから出金できる大量のお金を用意しておくといいでしょう。
同時に大量にお金を得ている場合でも、何度かに分けて正しく出金作業を行い、オンラインカジノで不要とされている金額を手元に戻してしまいましょう。
こうしてしっかりと手元に戻す作業を続けていれば、ヴィーナスポイントにポイントが確実に入ります。

何度か出金作業を続けて、しっかりとヴィーナスポイントの残高を増やすようにしてください。
ポイントを大量に持っていないとそもそもオンラインカジノへ送金できる金額がほとんどなく、あまり軍資金として利用できないのです。
ちょっとだけのポイントではあまり効果がないと考えて、できる限り大量にポイントを持つように考えたほうがいいでしょう。

大量のポイントがあればヴィーナスポイントで送金した金額だけでオンラインカジノを楽しめます。
かなりのポイントを保有できるように、オンラインカジノからの出金先でヴィーナスポイントを選んでおくように心がけてください。

著者:concertoperunami

高額ベットの勝負が楽しめる攻略法

アンチマーチンゲール法とも呼ばれるパーレー法

パーレー法はアンチマーチンゲール法、逆マーチンゲール法とも呼ばれる攻略法です。
なぜこのように呼ばれるのかというと、パーレー法はマーチンゲール法の真逆の攻略法だからです。

防御に特化したマーチンゲール法は一回でも勝てば、損失を取り戻せます。
パーレー法はその逆の方法であり、一回でも負ければ全てのお金を失ってしまいますが、連勝すれば膨大な勝利金を受け取れます。

アンチマーチンゲール法とも呼ばれるパーレー法

一か八かの大勝負をしたいという場合や、少しずつベットをするよりもいかにもギャンブルという勝ち方をしたい場合に、おすすめなのがパーレー法です。

とても潔い攻略法で、ギャンブラーなら一度はやってみたい攻略法です。
実際に、オンラインカジノの世界はもちろん、投資やその他のギャンブルでもこちらのパーレー法はよく使われています。
そこで、パーレー法の特徴や、メリット、デメリットを見ていきましょう。

パーレー法の進め方とは

パーレー法をオンラインカジノで使う場合には、勝率50%のゲームで遊ぶようにしましょう。
勝率50%のテーブルゲームであるブラックジャックやバカラ、ルーレットなどで用います。
ブラックジャックなら、いつも通りの賭けが出来ますが、バカラならプレイヤーもしくはバンカー、ルーレットなら、赤と黒、奇数と偶数、ハイ・ローで賭けます。

使い方はとても簡単です。
パーレー法は勝った時に使える方法です。
このため、賭けに勝てばその勝ち金をそのままベットをして、2倍、4倍、8倍とプッシュし続けるという方法です。
もしも負けてしまえば、その時点で、最初の投資額に戻します。

連勝をしていても、キリの良いところでストップをさせるのがパーレー法を成功させるためのコツです。
一回でも負けると全てのお金を失ってしまいます。
誘惑もありますが、3連勝、5連勝と目標や自分ルールを決めておきましょう。

ベット額は1ドルからでも問題はありません。
また、勝利金を全て次の賭け金に回すということが基本ですが、自分なりにアレンジをして、半分だけ回すということも可能です。
しかし、半分だけ回す場合には、勝った時の爆発力も半減してしまうことになります。
パーレー法の長所は勝った時の爆発力ですので、なるべく勝利金は次回に全て回すことをおすすめします。

パーレー法のメリットのあれこれ

パーレー法にはいくつものメリットがあります。
パーレー法は、とてもシンプルで使いやすい攻略法となっています。
初心者でも使いやすく複雑な計算が必要ありません。
潔い方法で、いかにもギャンブルという勝負をしたい方が楽しめるという魅力があります。

パーレー法のメリットのあれこれ

また、パーレー法のメリットとして、少ない金額で大きく勝つことが出来るというメリットがあります。
1ドルからでもロングショットが狙えますので、大変夢のある攻略法です。

さらに、パーレー法は、2倍の配当でも連勝すればかなりの勝利金が見込める点がメリットです。
たとえば、7連勝をした倍、128倍もの配当が得られます。
3倍、4倍になると、さらに配当は大きくなります。

この爆発力がパーレー法の最大の特徴であり、メリットです。
持ち金、そして賭け金のバランスを考えて賭けていくことで、長くゲームで遊べます。

パーレー法のデメリットあれこれ

パーレー法にはデメリットもいくつかありますので、理解しておく必要があります。
まずパーレー法は、連勝する確率がとても低い攻略法です。
その代償として大きな勝利金を得ることが出来ますので、勝率は必然的に少なくなります。
シミュレーションを見ていても、2倍の配当のゲームでも、5連勝する確率は1.5%程度になります。

また、オンラインカジノはハウスエッジが存在していますので、実際には勝率50%とはなりません。
このため、非常に厳しい勝負になることは予想できます。

また、賭け金と持ち金のバランスを考えることもとても大切です。
持ち金が100ドルしかない場合、最初から賭け金を大きくしすぎると、何連敗かすれば持ち金が尽きてしまい、すぐに遊べなくなってしまいます。
パーレー法はどれだけ勝利を積み重ねていても、一回でも負けてしまえば、お金をすべて失ってしまうことになります。
このため、自分で3連勝で止めておくなど、ルールを決めてそれを守ることが必要です。

このため、精神的にとても負担になります。ハートの強さが求められる攻略法なのです。

オンラインカジノの無料ゲームをやってみよう

オンラインカジノの無料ゲームをやってみよう

攻略法のパーレー法をお試しで試して見るなら、オンラインカジノの無料ゲームがおすすめです。
無料ゲームでのプレイなら、まずは理論よりも実践をすることができます。
お金を投入せずに、いろんなシミュレーションが出来ますので、実際の使い心地、メリット、デメリットを目で見て確認することが出来ます。

パーレー法を使うことに不安があるという方は、まずはオンラインカジノの無料プレイで試してみましょう。

著者:concertoperunami

ブラックジャックはオンラインカジノの華

「オンラインカジノを深掘りしたかったら、ブラックジャックがオススメだよ」
このような話はよく聞くものです。
けれどもオンラインカジノ初心者の方にとって、西洋の香りがするブラックジャックは苦手意識も高いものです。

ここではブラックジャック初心者の方でもズバッと分かる、ブラックジャックの基本的なルールと効果的な賭け方について学んでいきたいと思います。
カラクリを知ってしまうと、夜も眠れないほどハマってしまうのが、ブラックジャックの面白さ。
ぜひその魅力を体感してみてください。

コレさえ分かれば上級者 ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルール

「難しそう…」と参加せずして逃げたくなってしまうブラックジャックですが、ルールはそれほど難易度が高いものではありません。
ブラックジャックはディーラーとプレイヤーの2手に分かれて勝負をしていきます。
勝負のイチバンの分かれ目は「数字の21」というナンバーです。

ブラックジャックはトランプゲームですが「手持ちのトランプの合計が21に近い方が勝ち」というルールがあります。
では22ならイイのかというと、それもバツです。
21を超えない数で、且つ21に一番近い方が「勝者」として崇められるのです。
例えばプレーヤーが17を持っていて、ディーラーが21を持っていたら21に近いディーラーが勝者となります。

反対にプレーヤーが19を持っていて、ディーラーが23を持っていた場合は21を超えるとペケになるためプレーヤーが勝ちとなります。
ちなみに手持ちが21を超えてしまったとき、オンラインカジノの世界では「バースト」と呼んでいます。
数が上回ってしまうと、それ以上に勝ち目は期待できないからです。

専門用語をインプットしていこう

手持ちの札が21を超えない方が勝ち…というのがブラックジャックの基本的な考え方です。
それをマスターしたら、つづいて抑えておきたい、ブラックジャックの専門ワードを覚えていきましょう。
専門用語を覚えなくてももちろんオンラインカジノをプレイすることはできますが、やっぱり用語をある程度知っている方がテンション高く興じることができます。

ヒットとスタンド

ブラックジャックで判断力を問われるのが、ヒットかスタンドか選ぶ局面です。
野球の言葉のようですが、ヒットはカードを引くこと・スタンドはカードを引かないことを意味しています。
積極的に満塁ホームランを打ちにいくのか、あえて静かに守りに入るのか…勝負の在り方を左右する用語です。

ヒットとスタンド

カードの合計があまりにも少ない場合は、積極的にヒットを取る方が21に近づきます。
反対に次の1枚で21を大きく超えてしまいそうなときは、静観しながらスタンドを取る方が勝ちやすくなります。
もちろんディーラーとの勝負の場合には、相手の行動ひとつで次の一手が大きく変わることもあります。
この「読み」をしていくのが、ブラックジャックの面白さです。

プッシュする

オンラインカジノでよく使われるワードが「プッシュする」です。
プッシュとは対戦している相手と、手持ちの数の合計が一緒になることを示しています。
つまり平たくいうと、同点・引き分け・ドローやタイということになります。

日本では引き分けのことをプッシュとは言わないため、この辺の業界用語を知っているといっぱしの「オンラインカジノ上級者」です。

ブラックジャックを勝つための秘策は?

ブラックジャックの大まかなルールと専門用語を見たところで、気になるのがやはり攻略法や必勝法です。
勝つためのテクニックを磨くためには、どのような事に気を配れば良いのでしょうか。

「無料プレイ」で場慣れしておく

21に近い方が勝ち…というシンプルなブラックジャックが一方で難しい…と感じてしまうのは、そのスピードの速さです。
アタマの中で思い描くのと、実際にオンラインカジノ上でプレイするのとでは勝手が変わってきます。

最初のうちはマゴマゴしているうちに、ゲームが終わってしまった。
このような残念な結果を抱くかもしれません。
だからこそ初心者の方にオススメしたいのは「お試しプレイ・無料プレイ」で場の雰囲気をつかんでおくという事です。

もちろん無料プレイの場合、かかる金額はフリー。
たとえ負けてしまっても、お金がチャラになる事はありません。
儲かるお金はゼロですが、ブラックジャックのスピード感・直観力・判断力をホンモノの世界の中で養うことができます。

Aは思わぬラッキーカード

Aは思わぬラッキーカード

ブラックジャックで勝ちを狙いにいきたいとき「Aに強くなる」という法則もあります。
Aは見過ごされやすいカードなのですが、実はブラックジャック上では変幻自在のカードとして扱うことができます。

他の数字と大きく違うところは、1もしくは11どちらかを選びカウントして良いということ。
つまり自分の都合のよい解釈を当てはめることができる、魔法のようなカードなのです。
手持ちの数の合計が少なければ11を採用、手持ちの数が多ければ1としてカウントします。

このように頭脳戦を駆使しつつ楽しみながらおこなうのが、ブラックジャックで勝つ秘策。
習うより慣れろで、まずは実践の場でトライして欲しいと思います。

著者:concertoperunami

オンラインカジノの法的根拠

日本国内の話をすればカジノは違法です。
そのため、国内にはオンラインカジノの業者はありません。

しかし、国際的に見ればカジノを合法としている国もあります。
オンラインカジノの業者はカジノが合法な国の業者ですが、このような場合、日本人は楽しむことができるのでしょうか?
この点について法律的な側面から見てみるとしましょう。

国内では違法だけどネットならOK?

国内では違法だけどネットならOK?

上でも述べた通り、日本国内ではカジノは違法です。
2018年の6月から7月にかけてIR法案が国会を通過しましたので、施行されれば一応はカジノは完全に違法とは言えなくなります。
しかし、施行されるまでは違法ですし、そもそもIR法案は国内3カ所限定でカジノの運営を許可する法案。
オンラインカジノのことはほとんど想定されていないと考えてよいでしょう。

一方、世界的に見ればカジノが合法の国や地域も多々あります。
有名な所としてはマカオやラスベガスです。
日本人観光客も多く、旅行の際カジノを楽しむ方も多いのではないでしょうか。

この場合、法に触れることはありません。
海外旅行の際、適用される法律は現地のものです。
国内では違法でも、マカオやラスベガスではカジノは禁止されていませんので、日本人がカジノを楽しんだとして逮捕されるリスクはありません。
日本に帰国したら空港に警察が待っていて逮捕されるようなことはありません。

足を踏み入れたエリアの法律に従う。これが国際的なルールなのですが、実はインターネットでも同様のことが言えるのです。

インターネットはボーダレスでは?

インターネットの世界はボーダレスです。
世界中のどのページにもアクセスできますので、インターネット上では「国境」という考え方がもはやナンセンスです。

一方で、現実的にはやはり法律が求められるものです。
そこで、インターネット上は「サーバーが置かれている国」の法律に準拠しています。
サーバーにアクセスしてサイトを閲覧しますので、サーバーの置いてある国の法律に基づいた判断となります。
つまり、日本のサーバーでオンラインカジノを営業するのはアウトということになります。

一方、カジノが合法な国であればオンラインカジノもOKということになります。

オンラインカジノの業者は合法な国の業者

カジノが合法な国のサーバーに置かれているオンラインカジノであれば日本人であっても楽しめます。
海外旅行と同じ原理ですが、オンラインカジノの業者は基本的にカジノが合法な国の業者です。

さらには合法な国の業者が、営業に当たってライセンスを取得しています。
好き勝手に営業しているのではなく、許可を取っているのです。
オンラインカジノのサイトにアクセスすると、ライセンスが表示されるので、安心感もあるのではないでしょうか。

法律と勝率は別問題です

法律と勝率は別問題です

このような事実から、オンラインカジノは問題なく楽しめることが分かっていただけたかと思いますが、合法だからといって必ず勝てるものではありません。

オンラインカジノは真っ当なギャンブルなので、勝つ時もあれば負ける時もあります。
勝敗まで法律によって定められている訳ではありませんので、まさに「勝負は時の運」です。
しかしながら、オンラインカジノはペイアウトがとても高い点やライセンス制度のおかげで平等なゲームである点などから、一攫千金を狙いやすいとも言われています。

圧倒的なペイアウトの高さ

オンラインカジノのペイアウトの高さは97%程度とされています。
この数字だけを見ても、そもそもペイアウトが何を意味しているのか分からないので、数字の高さの意味もよく分からないという人が多いかもしれません。

ペイアウトとは言うなれば還元率です。
ギャンブルの遊戯者が使ったお金の中から、どれくらい戻すのか。
ペイアウトはどのギャンブルにも大まかに設定されていますが、宝くじが50%前後です。
競馬や競輪と言った公営ギャンブルが70%前後。
駅前や郊外などよく見かけるので、ある意味最も身近なギャンブルと言っても過言ではないパチンコやスロットが80%前後。
オンラインカジノのペイアウトと比べれば、如何にオンラインカジノが「遊戯者に還元しているお金の多さ」が分かるのではないでしょうか。

還元率が高いということは、一攫千金を練られるチャンスが高まることを意味しています。
ましてやオンラインカジノではかなりの大金を投入している利用者もいるので、実際にリターンされる額も相当なものになる可能性が高いのです。

オンラインカジノを思う存分楽しもう!

オンラインカジノを思う存分楽しもう!

法律的な見地から見ても問題ないと言っても良いオンラインカジノですが、ただ単に合法というだけではなく、大きな利益を狙えるギャンブルです。
一攫千金を狙ってオンラインカジノを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか?

ネット環境さえあれば誰もがすぐにでも始められますし、海外の業者とはいえ、日本語に対応している業者も多々あるので遊戯のためのハードルはとても低く、初心者でも問題なく楽しめます。