遊び方で変わる合法性

著者:concertoperunami

遊び方で変わる合法性

オンラインカジノとインカジはどう違う?

オンラインカジノはネット上でできる画期的なギャンブルの一つで、全世界で人気となっています。
リアルマネーを賭けて、実際のカジノの興奮が味わえるオンラインカジノですが、これとまた違うのが「インカジ」の存在です。

インカジは今現在も全国で摘発が相次いでおり、ニュースでも話題となっています。
インカジとは、都会の繁華街を中心に雑居ビル・マンションの一室などで展開されている、カジノカフェのことです。
ネットカフェのような店内で、オンラインカジノが提供されており、店内で直接お金の入金や支払いができます。

同じように、オンラインカジノで遊ぶことになりますので、一体この2つはどう違うのか違いがわからないという方も多いでしょう。
そこで、オンラインカジノとインカジにはどのような違いがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

安全性が高く、海外で認められているオンラインカジノ

インカジの摘発が相次いでいるということで、
『オンライン・カジノそのものが違法で、プレイをするだけで摘発されてしまったり逮捕されてしまう』
と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際はそういったことはありません。
オンラインカジノは、海外において合法とされているギャンブルです。
オンラインカジノを認めている国においては、オンラインカジノを運営するために政府から正式にライセンスが発行されて運営されています。
このため、オンラインカジノ自体は違法性の高いものでもなんでもなく、合法的なギャンブルなのです。

これを日本国内で遊ぶ上での注意点ですが、日本ではオンラインカジノについての法律や法律上の条文がありません。
従って、合法とも言えないですが、違法とも言えない状態です。
また、海外にサーバーが存在しているので日本の賭博罪だけで裁くことはできず、見逃されている部分があります。

オンラインカジノは、そもそも海外旅行先で日本人がプレイをするのと同じようなもので、違法性を立証することが困難ですし、法的にもグレーゾーンということで、逮捕されるリスクは極めて低いです。
実際にオンラインカジノを自宅でプレイしていただけで、逮捕・起訴されてしまったケースは殆どありません。
一度オンラインカジノでプレイをしていた日本人プレイヤーが摘発されるという事件がありましたが、不起訴処分を勝ち取っています。

オンラインカジノは日本国内ではグレーゾーン的な位置づけですが、
摘発される可能性は極めて少ないですし、カジノ法案が成立したこともあり、今後正式に解禁される日も近いのではないかと考えられています。

インカジは違法性が高い!その理由とは

このように、オンラインカジノそのものは国内においても法律的には曖昧な位置づけであり、逮捕されてしまったり有罪になる可能性は極めて低いものです。
海外において合法的に運営されているオンラインカジノは、それ自体は違法でも何でもなく、これを日本の法律だけで裁くことはできません。

しかし、オンラインカジノが、「インカジ」という形で国内のネットカフェで提供されている場合、事情は変わってきます。
インカジが違法性が高い理由にはいくつかの理由があります。

まず、インカジがオンラインカジノを店内で提供し、そして店内で金銭のやり取りをしているという点です。
これは、店内で賭博の場所を提供しており、お金の精算をしているということから、賭博罪に引っかかってしまいます。

2016年に京都のインカジが摘発されたニュースがありましたが、この事件でも賭博罪として有罪判決が下りました。
従って、インカジは、賭博の場所を提供しており、さらに胴元が国内にあるとみなされてしまいますので、立派な賭博罪として違法になるということになります。

また、インカジでプレイをしていたプレイヤーも同様に罪に問われてしまいます。
賭博罪というのは胴元と、賭け事をしていた人間がどちらも摘発されてしまいますので、インカジに足を踏み入れただけでも逮捕されてしまうリスクがあります。
このため、けしてインカジには近寄らないようにしましょう。

インカジのその他の特徴とは?

インカジは、都会の繁華街で営業されていますが、そもそもが違法な存在ですので看板を出して営業しているというわけではありません。
ひっそりとマンションの一室や、カフェのような店内で営業されており、キャッチなどで呼び込みをしていることがほとんどです。

また、インカジは、オンラインカジノのように監査機関からの監査を受けているというわけではなく、野放しの状態です。
つまり、運営をする上でどこかに公平性をチェックされているというわけではないので、不正もやりたい放題なのです。
プレイヤーが勝てないように遠隔操作されている可能性も十分ありますし、頑張っても勝てない可能性のほうが高いですので、手を出さないほうが賢明です。

著者について

concertoperunami administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。