カテゴリーアーカイブ オンラインカジノ概論

著者:concertoperunami

” 勝率100% のマーチンゲール法 ” を オンラインカジノが「禁止」しない理由

「理論的に100%勝てる攻略法」として有名なマーチンゲール法は、ラスベガスなど一部のランドカジノでは使用を禁止するなど、その効果は折り紙つきですが、この攻略法を禁止する有名オンラインカジノは見当たりません。

「たった1回の勝利で、連敗の賭金も確実に回収できる」というマーチンゲール法を、多くのプレイヤーが一斉に使い始めたら、オンラインカジノにとって脅威となりそうですが、今のところ使用が禁止される様子はありません。

今回は、何故 ” 勝率100% のマーチンゲール法 ” をオンラインカジノは「禁止」しないのか、その理由を究明していきたいと思います。
 
 

マーチンゲール法の『基本』

マーチンゲール法の『基本』

マーチンゲール法は簡単な手法で勝率を上げられる攻略法で、一部のランドカジノでは使用を禁止されるほど、その効果は認められています。 
具体的な運用方法は「ゲームに負けたら、次は2倍の金額をベットする」という、倍プッシュを勝つまで繰り返すだけで、一勝すればそれまでの損益を全て回収します。
 
マーチンゲール法は、利益が少なく一獲千金は狙えませんが、攻略法の途中で何度かタイミングよく勝つことが出来れば、利益を増やすことも可能になります。 
このような効果を発揮することから、一部のランドカジノではマーチンゲール法の使用を禁止し、違反すれば最悪の場合出禁にするなど、マーチンゲール法の効果を十分に警戒し、対策を講じています。
 
では何故オンランカジノは、マーチンゲール法を禁止しないのでしょうか?
 
 

オンラインカジノの『テーブルリミット』

オンラインカジノの『テーブルリミット』

オンラインカジノがマーチンゲール法を禁止しない理由は『テーブルリミット』です。
テーブルリミットとは、ゲームにベットできる限度額のことで、限度額以上にベットすることは出来ません。

ランドカジノにもテーブルリミットはありますが、オンラインカジノの方が低く設定してあるため、攻略法が途中で破綻する可能性が高まります。
ランドカジノは本場ということもあり、世界中から富裕層やセレブが訪れるため、テーブルリミットは かなり高く設定してあります。
 
【ランドカジノ(VIP 向け)のテーブルリミット】 100 万ドルに設定している所も珍しくなく、マーチンゲール法であってもリミットになかなか到達しません。

【オンラインカジノのテーブルリミット】 10,000 ドル程度が設定されているため、マーチンゲール法で連敗が続くと簡単にリミットに到達します。
 
一般的なオンラインカジノのテーブルリミットは、運営側の資金が枯渇しないように設定しているもので、マーチンゲール法を意識したものではないそうですが、結果的にテーブルリミットがマーチンゲール法の対策も兼ねているため、オンラインカジノの運営は「マーチンゲール法を禁止する必要はない」と判断しているようです。
 
 

オンラインカジノで使う際の『ポイント』

オンラインカジノで使う際の『ポイント』

オンランカジノ運営側は、マーチンゲール法を禁止するどころか、この攻略法を使うプレイヤーを「格好の餌食」と思っている節すらありますが、使い方によっては手堅く稼ぎ一矢報いることもできます。

マーチンゲール法で上手に稼ぐには、” 徹底した資金管理能力 ” が必要です。
具体的には、連敗しても深追いせずに適切なタイミングで「勝ち逃げ」と「損切り」をすることで、ベットリミットへの抵触や、ベット額の高騰による資金の枯渇などの問題に直面することも防止できます。

マーチンゲール法の使い方

勝率50%・配当が2倍のゲームで利用する
※ルーレットの「赤・黒」や「奇数・偶数」、バカラなど
1回目の勝負に負けたら2回目は倍賭けし勝負に勝ったら1回目から繰り返す

【例】1回目を1ドルで始めた場合

1回目1(負・損-1)、2回目2(勝・損+1)
3回目1(勝・損+1)、4回目1(負・損0)
5回目2(負・損-2)、6回目4(勝・損+4)
 
いくら調子が良くても、勝ち逃げのタイミングは重要で、用意した資金の1/10とし、資金総額が 200 ドルだった場合は、利益が 20 ドルに達したら一旦ゲームを止めましょう。

損切りのタイミングは難しいですが、目安としては5連敗を基準にしましょう。
約3%の確率である5連敗に遭遇したら「運が悪い」と諦めるしかありません。

ここまで説明してきたように、オンラインカジノでマーチンゲール法を使う際は、「勝ち逃げ」と「損切り」のタイミングを見極め、決して深追いしないことが重要です。
 
 

まとめ

今回は、何故 ” 勝率100% のマーチンゲール法 ” をオンラインカジノは「禁止」しないのか、その理由をご紹介しました。

オンラインカジノでマーチンゲール法を使う上で大きな障害となるのが ” ベットリミット ” の存在で、ベットリミット額に達すると資金に余裕があっても続行不可能になります。
ベットリミットが高いランドカジノでは、マーチンゲール法が必勝法として非常に効果的に働くため、使用を禁止している所もあるほどです。
 
一方、オンラインカジノはというと、ランドカジノと比べると一般的にベットリミットは大幅に低く設定してあり、これがマーチンゲール法対策として働いている側面もあって、禁止はされていませんが、非常にやりにくいことは確かです。

またオンラインカジノでは、ベット額の高騰に耐えられず資金の枯渇で挫折するプレイヤーも少なくありませんが、「勝ち逃げ」と「損切り」のタイミングを見極めることで、手堅く稼ぐことも可能です。

オンラインカジノで ” ルーレット ” や ” バカラ ” など「勝率50%・配当が2倍のゲーム」をプレイする方は、 ” 勝率100% のマーチンゲール法 ” を活用してみてはいかがでしょうか?

著者:concertoperunami

覚えておきたい「ルーレット常勝の秘訣!」

「運任せで進行していくゲーム」というイメージを持つプレイヤーも多いルーレットですが、実際には「常勝の秘訣」があります。
今回は「覚えておきたい、ルーレット常勝の秘訣!」についてご紹介していきます。
特にオンラインカジノでルーレットに挑戦する初心者の方、勝てなくてお悩み中の方に、大きな効果を実感して頂けると幸いです。
 
 

「システムベッド」を駆使する

「システムベッド」を駆使する

「システムベッド」とは、チップコントロールとも呼ばれ、一定のルールでベット金額を変えて、ルーレットの勝率を高める方法です。
有名なシステムベッドとして「マーチンゲール法」「モンテカルロ法」「ココモ法」などがあり、ルーレットでは「フラワーベット法」が広く知られています。
 
これらシステムベッドを駆使することで、ルーレットで常勝する可能性は十分にありますが、攻略法であって必勝法ではありません。
そもそもルーレットを含む全てのギャンブルにおいて必勝法と呼ばれる100%勝つ方法は存在せず、あくまでも勝率を高めて負けにくくするために攻略法があります。
この様々な攻略法の手順をしっかり頭に入れておき、正しく実践することが、ルーレットの上手な勝ちかたとなります。
 
 

様子見の「空回し」で傾向を探る

様子見の「空回し」で傾向を探る

「空回し」とは、ゲームに参加しつつ、ただルーレットを様子見するだけで、ベットしないことを言います。
 
本場ランドカジノでも、数回程度の空回しであれば認められていますが、いつまでもベットせずにテーブルに座り続けていると、注意されることがあります。
しかし、オンラインカジノでは何回でも空回しを続けることが可能なため、じっくりとルーレットの傾向を探れるのです。
 
ルーレットの空回しでは、常に出た数字をチェックし、今どんな数字に偏っているのか、ホイールのどの付近によく落ちているのか、赤黒どちらが多いのかを探ります
 
例えば、・黒・・黒・と来た場合、次は「黒に入る波」となりますが、黒にただベットするのではなく、それまでにボールが落ちたホイールに注目してください。
ホイールを90度づつ4分割するとわかりやすく、例えば32、21、34付近に偏っていた場合、その付近にある黒の数字にベットします。
 
あくまでも波であるため、その付近にボールが落ちるとは限りませんが、ルーレットにおいて波を読むのは、非常に重要な戦術なのです。
 
 

「ヨーロピアンルーレット」をプレイする

ルーレットには、いくつかの種類があり、大きく分けて「ヨーロピアンルーレット」と「アメリカンルーレット」があります。

ヨーロピアンルーレット 37区分(1~36、0)
アメリカンルーレット 38区分(1~36、0、00)

区分が1つ減るためヨーロピアンルーレットの方が負けにくい設定になります。
胴元がいくら儲かるかを示す控除率も、ヨーロピアンルーレットの方が2.56%低く、ゲームを有利に進行できます。
 
ランドカジノの場合、どちらか一方しか置いていないケースもありますが、オンラインカジノでは両方遊ぶことが可能です。
ルーレットの常勝を視野にプレイする場合は、ヨーロピアンルーレットの選択を推奨します。
 
 

「アツくなり過ぎない」メンタルコントロール

「アツくなり過ぎない」メンタルコントロール

ルーレットに限らず、全てのギャンブルに共通していることですが、メンタルコントロールほど重要なことはありません。
ルーレットで負け続けていると、どうしてもそれを取り返すために大きくベットしたくなる気持ちはわかりますが、そこでグッと堪えるメンタルコントロールが必要です。
アツくなり過ぎるのは、資金を全て失うことに繋がります
 
必ず勝てるという根拠があれば良いのですが、ルーレットにおいて「絶対」はありません。
「いくら勝ったら止める」「いくら負けたら損切りする」という事前に決めたルールを忠実に守るメンタルコントロールが常勝の秘訣になります。
シンプルなことですが、十分にご注意ください。
 
 

まとめ

今回は「覚えておきたい、ルーレット常勝の秘訣!」についてご紹介させていただきました。
いずれもシンプルな対策だとご理解いただけたかと思います。
 
一言で表すと「システムベッドを駆使し、様子見の空回しで傾向を探り、遊ぶのはヨーロピアンルーレットに絞り、アツくなり過ぎないメンタルコントロールを持つこと」が、ルーレット常勝の秘訣です。
 
ルーレットのようなギャンブルに絶対は無く、勝つことも負けることもありますが、負けの確率を下げることは可能なのです。
最終的にプラス収支を達成できれば、賭けに勝利したことになります
途中経過に振り回されることなく「2歩進んで1歩下がる」という考え方を持ちましょう。
ルーレットに挑戦する際は、今回ご紹介した秘訣を駆使して、夢の常勝を掴みましょう。

著者:concertoperunami

オンラインカジノ決済で便利なエコペイズの特長と登録方法

海外で合法的に運営されているオンラインカジノを楽しむ日本人プレイヤーが増えています。
高い需要によって日本語対応のサービスも充実してきましたが、海外のオンラインカジノを利用するには、現在でも決済手段の確保が必要不可欠です。
今回は、オンラインカジノ決済で人気の高い「エコペイズ」の特長と登録方法についてご紹介します。
 
 

エコペイズとは?

エコペイズとは?

海外のオンラインカジノを利用するには「アカウント登録」のほかに、業者への賭金の入金や儲けたお金を日本の金融機関のATMで現金で引き出すための「決済手段」が必要です。
エコペイズ(ecoPayz)は、イギリスの企業が運営する電子決済サービスであり、オンラインカジノでの決裁手段として広く利用されています。
 
 

エコペイズの特長

(1)カジノからの入出金を一元管理できる
エコペイズは、カジノ業者への賭金の入金とカジノで儲けたお金の出金を、スマホやパソコンから一元的に管理する事ができるのが最大の特長です。

(2)日本人によるサポートなど日本語対応の体制が整っている
エコペイズはイギリスの企業が運営していますが、複数の言語に対応しています。
サイトからサポートまで全て日本語にも対応しているため、英語が苦手な人でも気軽に利用できる点も特長です。

 
 

エコペイズへの登録

エコペイズへの登録

(1)登録とアカウントの作成
エコペイズを利用するには、先ず公式サイトにアクセスしてユーザー登録を行ない、アカウントを作成する必要があります。
エコペイズの公式サイトは日本語に対応しているので、指示に従って必要な情報を入力していけば、簡単にアカウントを作成する事ができます。 
なお、ユーザー登録とアカウントの作成は無料で行えます。

【注意点1】アカウント情報のローマ字入力
エコペイズでアカウントを作成する際には、名前や住所をローマ字で入力する必要があるので注意が必要です。

【注意点2】使用する通貨について
エコペイズで使用する通貨には日本円(JPY)を選ぶことが可能ですが、入出金の都度換金手数料がかかるため、米ドル(USD)を選ぶ事も考えられます。

(2)2段階認証の設定
エコペイズでは、セキュリティを強化のためにアカウントの2段階認証が行われています。
自分のアカウントにログインする際に、携帯電話にSMSで送信されたコードを入力したりする事によってセキュリティ強度を高めているのです。
アカウントの2段階認証は、日本国内でも様々なオンラインサービスで使用されているため、馴染みのある人も多いでしょう。
2段階認証が完了すると、エコペイズのアカウントにログインして利用する事ができるようになります。
 
 

エコペイズの口座のグレードアップ

エコペイズの口座のグレードアップ

エコペイズに登録しただけでは、カジノ業者への入金を行なう事はできても、カジノで儲けたお金を出金する事はできません。
エコペイズからお金を出金できるようにするためには、本人確認書類の提出などによって口座をアップグレードすることが必要です。

(1)エコペイズ口座の5つのランク
エコペイズの口座にはクラシック、シルバー、ゴールド、プラチナム、ビップの5つのランクが存在しています。
口座を開設した時点では、一番低いクラシックに設定されますが、シルバーランクにグレードアップすると口座から出金する事が可能になるのです。
クラシックからシルバーへのグレードアップは、所定の本人確認書類を提出するだけで可能であり、手数料等は必要ありません。

(2)本人確認に必要な書類
本人確認はマネーロンダリングなどを防止するために、日本の金融機関で口座を開設したりする際にも行われています。
エコペイズの本人確認も同様の趣旨・目的で行われており、必要な書類や手続方法もほぼ同じです。
シルバーへのグレードアップに必要な書類は、以下の通りです。

【1.顔写真付きの身元証明】
・パスポート
・写真付き運転免許証
・マイナンバーカード
 など

【2.居住を証明する書類】
過去3か月以内の住所を証明する以下のような書類

・水道光熱費領収書
・銀行取引の明細書
 など

【注意点3】書類の有効期限や記載内容の確認について
3か月の期間を過ぎたものは有効書類とみなされません。
また、提出書類の住所はアカウントを作成時に登録した住所と同一である必要があります。
本人確認が完了するまでには数日かかる場合もあるため、手続は余裕をもって行なう事が必要です。

(3)その他
エコペイズに登録して無料で口座を開設できますが、12か月以上口座に動きがない場合は月額維持費が200円程度必要になるので注意しましょう。
 
 

まとめ

日本では電子決済や電子マネーと言えば、PayPayやLINE Payが有名ですが、エコペイズも同様の電子決済サービスです。
エコペイズにお金をチャージして、オンラインカジノに賭金を入金したり、オンラインカジノで儲けたお金を出金することができます。

オンラインカジノは、新しい形のギャンブル、エンタテインメントとして日本国内でも広がりつつあります。
それに伴って、オンラインカジノの利用に必要不可欠な決済手段としてエコペイズの重要性も注目されつつあります。

著者:concertoperunami

ジパングカジノで出金する前にチェックしておきたいこと

ジパングカジノの出金方法は、シンプルで分かりやすいことが特徴です。
しかし、そんなジパングカジノであっても、出金前にいくつかチェックしておくことが重要であり、怠ってしまうと出金に手間取ることも少なくありません。
 
多くの場合、自分で調べて自分なりのチェック項目を設けていることが多いのですが、具体的にどのようにチェックしていいのか迷う方も決して珍しくはありません。
そこで今回は、ジパングカジノの出金をどのように行えば良いのか、そのチェック項目について紹介・解説していきます。
 

何を出金前にチェックすればいいのか

何を出金前にチェックすればいいのか
ジパングカジノの出金前に必要なチェック項目として、出金条件、入金した際の手段、ボーナス規約の違反の有無、身元確認書類の提出があります。
これら4つの項目をクリアしていないと、意外な場面で出金が行えず、トラブルになることも少なくありません。
 

1.出金条件

1.出金条件
ジパングカジノの出金条件をチェックしておきましょう。
出金する前にチェックするつもりでも、意外と条件に合致しない場合もあるため、事前に調べることが重要です。
その条件とは、入金ボーナスなどのボーナスを受け取った場合と受け取らなかった場合では、異なるということです。
 
ボーナスを受け取った場合
ボーナスごとに設定された最低賭け条件をクリアしておく必要があります。
例えば、入金ボーナスの場合は入金額+ボーナス額×18~60が最低賭け条件です。
100ドル入金して100ドルの入金ボーナスを受け取った場合は、最低100ドル+1,800ドルの1,900ドルが最低賭け条件になります。
負け金額ではなく、ベットした金額になるので、これだけの金額をベットすることで条件をクリアすることができます。
  
ボーナスを受け取らなかった場合
自分が入金した金額だけをプレイするので、100ドルを入金した場合は100ドル分のベット金額でクリア可能です。
こういった条件に合致しているかを調べておくと、いくら出金申請しても断られるといったトラブルを回避できます。
 
出金限度額の条件を超えている場合
この出金限度額は1か月の入金額+1万ドルという設定です。
オンラインカジノでこういった大当たりを出してしまうと、出金限度額を超えてしまうことも多く、一度に出金しようとしても出金できません。
 
こういった条件もあるので、大当たりした場合はチェックしておきましょう。
ちなみに翌月になれば、限度額はクリアされるので、同じ条件で出金可能です。
 

2.入金と出金が同じか

ジパングカジノの入金方法と異なる方法では出金できません。
例えば、エコペイズで入金した場合、出金をペイトラにできないという仕組みです。
もし、エコペイズで入金したら、かならずエコペイズで出金するようにしましょう。
出金をどうしてもペイトラでしたい場合は、ペイトラで入金を行い、最低賭け条件をクリアしたうえで、改めてペイトラで出金するのがおすすめです。
このように最初に何で入金したかを把握しておくことも出金前の重要なチェック項目です。
 

3.ボーナス規約に違反していないか

ジパングカジノのボーナス規約は、最低賭け条件などボーナスのカウント方法以外にもルールがあります。 
 
最も犯しやすいミスが、ベット額の上限を超えてしまう、ボーナスを利用できない禁止ゲームでプレイしてしまう場合です。
 
これらの場合、ボーナスとボーナスによって獲得した勝利金は全て没収されるため、出金条件を満たしたと思っていても出金できない場合が少なくありません。
これはどんな場合でも起こり得るので注意して対応するようにしましょう。
ボーナスを受け取った時点で出金を見越して必ずチェックしておくのが重要です。
 

4.身元確認書類の提出

4.身元確認書類の提出
ジパングカジノではマネーロンダリングなどの不正出金防止の観点から、出金者の身元確認を行っています。
初回出金前にアカウントを認証させておく必要がありますが、運転免許証があれば、その画像だけで完了します。
 
この画像をサポートにメールで送信することによって身元確認ができますが、メールには本人確認書類を添付することを明記、ジパングカジノのIDや氏名を併記して送信するようにしましょう。
 
また、運転免許証以外の身元確認書類を提出する場合は、パスポート、健康保険証を本人確認書類として提出するだけでなく、補助書類として発行日から3か月以内の住民票や公共料金の請求書などを同時に添付しておきましょう。
 
このように認証させておかないとどんなに条件をクリアしていても出金できません。
出金前に身元証明を行っているか、事前にチェックしておくことが大切です。

著者:concertoperunami

ネットカジノの攻略の強い味方バカラ罫線

ネットカジノのバカラは、ネットカジノのゲームの中でもベットした金額の儲けが戻る期待値であるペイアウト率が95%以上を誇ります。
100ドルベットすれば95ドル戻ってくる可能性があるという、ギャンブルとしては非常に高い数字のバカラですが、その秘密は罫線と呼ばれる表を使った攻略法の存在が挙げられます。

今回、このバカラ罫線についてどのようなものか、使い方はどういったものなのかといったポイントを押さえ、実際に使う場合の例を紹介しながらお話しします。

ネットカジノで使えるバカラ罫線とは

ネットカジノで使えるバカラ罫線とは

ネットカジノで使えるバカラ罫線とは、これまでのバカラの勝負が記録された履歴のことです。
出目表という別名もあり、バンカーとプレイヤーのどちらが勝ったか、あるいは引き分けたかといった記録が書かれています。
この記録を見てプレイすることで予想の的中率が数十%上がるといわれており、バカラの重要な攻略法でもあります。

実際のカジノでは、あからさまにこの表を使ってメモすることが困難で頭の中で記録していくことがほとんどです。
(ただしアジア圏のカジノではサービスで用意してくれるところも多い)
しかし、ネットカジノでは罫線の表が用意され、自動で記録されているという点で非常にメリットがあります。

そして、この罫線の自動記録によってバカラのペイアウト率がネットカジノのゲームでもトップクラスの数字を出しているといえるのです。
自分でも作成可能ですが、プレイに熱中していると書き忘れを起こしやすく、自動記録はネットカジノのバカラの非常にうれしいサービスになります。

バカラ罫線のネットカジノでの使い方

バカラ罫線は、単に勝ち負けを記録しただけのものから4つの表に分けて傾向が分析されていく詳細なものまであります。
アジア圏で発達したためにマージャンのような中国語の言葉が使われているのが特徴です。
単に勝ち負けや引き分けを記録したものだけのものを大路(ダイロ)と呼びます。
これがバカラ罫線の基本的な表で、上から下、左から右に結果をメモしていくものです。

最初に上から印をつけていき、連勝が止まったら次の右の列に印をつけていくという流れで進めていきます。
これによって、プレイヤーとバンカーどちらに流れが来ているのかわかることも少なくありません。
ちなみに引き分けになっても勝利したのと同じように列を変えずに印をつけます。

詳細なものになると、大眼仔(ダイガンチャイ)、小路(シュウロ)、甲由路(カッチャロ)が大路に追加されます。
大眼仔は最初の流れと同じかどうかをチェックするもので、1列手前の同じ位置の結果をチェックする表です。
2列目の2段または3列目の1段に大路が差し掛かった時に記録されるもので、最初と同じ流れであれば印を上から下につけ、流れが変わったら次の列に移動して書くものです。
やや面倒ですが、流れが急激に変わっているのかどうかを知る大きな目安となります。
自分で書くこともできますが、ネットカジノによっては自動で記録してくれます。

小路は2列手前の同じ位置の結果という点で大眼仔と異なります。
書き方自体は同じですが、違った点の打ち方をしていくので注意しましょう。
甲由路は3列手前の同じ位置の結果を見るのが特徴です。
こちらも書き方は同様といえるでしょう。

このように1列手前の同じ位置を見る大眼仔、2列手前の同じ位置の小路、そして3列手前の同じ位置の甲由路という違いがあります。
混乱しがちなので、ネットカジノのバカラによっては大路だけの表示というものも珍しくありません。
また、列をどんどん埋めていくシンプルな記載の珠盤路(チューチャイロ)も存在し、これを採用しているネットカジノもあります。

バカラ罫線のネットカジノでの使い方

バカラ罫線の実際の運用例の紹介

一番簡単な大路の見方を中心にお話ししていきましょう。
大路は連勝がストップすると次の列に進みます。
これを見て、片方の連勝が続いているので、そろそろ流れが変わるのではという予想を立てることが可能です。
こういったシンプルな見方だけでは効果が不十分な場合があり、その場合は他の表が役に立ちます。

まず、小路の記録を見てみましょう。
最新の記録と2列手前の動きが違うことがあるので、これを利用して2列手前と違う動きになるように賭けることで当てやすくなる場合があります。
これでも分かりにくければ、甲由路や大眼仔を見て傾向を予想するのですが、慣れないうちは大路を見ながら、傾向を予想するのがおすすめです。

慣れてきたら徐々に大路の罫線の下にある3つの表をチェックし、傾向を予想していくとネットカジノのバカラが勝ちやすくなります。
大路しか用意されていなくともネットカジノ以外に罫線アプリというものがあるので、それを使ってバカラの結果を入力していけば自動で詳細な罫線を作成してくれます。
こういった外部アプリを利用するのも良いかもしれません。
いずれにしてもネットカジノではバカラの罫線が表示されているので、フル活用して勝率を高めるようにしましょう。

バカラ罫線の実際の運用例の紹介

著者:concertoperunami

ブラックジャックのルールを知って攻略!

ブラックジャックは、トランプを使用したカードゲームでオンラインカジノでも人気のゲームです。
ブラックジャックのルールを知り上手に攻略する方法をご紹介します。

ブラックジャックとは

ブラックジャックとは

ブラックジャックは、ポントゥーン(pontoon)や21(twenty-one)という別名もある、世界で親しまれているカードゲームです。
もとは「21」という名前であったが、起源は不明とされています。
「ブラックジャック」という名前には諸説あります。

一つは、アメリカのローカルルールで、黒色のシンボルであるクラブ、またはスペードのジャック、スペードのエースからなる役を「ブラックジャック」と呼んでボーナスがつくようにしていたという説です。

もう一つは、フランスの歴史家が唱えたもので、カナダで起きたクロンダイク・ゴールドラッシュの採掘者たちが、遊びの時にブラックジャックと呼んでいた金を含んだ閃亜鉛鉱(せんあえんこう)にちなんで付けたというものです。

ブラックジャックは、プライヤーとカジノディーラーで1対1で勝負をするゲームです。
複数のプレイヤーがいる場合は、カジノディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をします。
プライヤーは21を超えないようにカードの合計を21に近づけて、点数がディーラーよりも上回れば、勝利となり配当を獲得できます。
カードの合計が21点を超えると負けとなるゲームです。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルール

ブラックジャックでは、カードに点数をつけます。
「2~10」までのカードは、そのまま「2点~10点」となります。
絵札である「J(ジャック)」、「Q(クィーン)」、「K(キング)」は、10点となります。
「A(エース)」は、1点または11点と都合によい方で数えます。
ディーラーの合図でゲームが始まります。

プレイヤーはベッティングエリアにチップを置きます。
ディーラーは、ディーラー自身を含めた参加者に、カードを2枚ずつ配っていきます。
ディーラーのカードの1枚は表向き(アップカード)にされており、見ることができます。
もう1枚は伏せられておりホールドカードを呼ばれ、プレイヤーの行動が全部終わった後に表向きにされます。

プレイヤーのカードは、主流は表向きのフェイスアップで配られます。
この時点で「A」と「10、J、Q、K」の組み合わせがそろった場合、「ナチュラル21」や「ナチュラルブラックジャック」、「ブラックジャック」と呼ばれます。

そして、ディーラーが21でなければ、ベッドの2.5倍を受けることができます。
プレイヤーとディーラーが共にナチュラル21の時は、引き分けになります。
ディーラーのみがナチュラル21の場合、プレイヤーは負けとなります。

カードをもう1枚ひくことを「ヒット(Hit)」といいます。
テーブルを軽く叩くか、自分に向かって手招きをして行います。
カードを引かないことを「スタンド(Stand)」や「ステイ(Stay)」といいます。
手のひらを下にして、横に振る動作をします。
プレイヤーは、21を超えるまではヒットを何度も行なえます。
21を超えると「バスト(bust)」となり、プライヤーは負けとなります。

プライヤーの全員がスタンドした時は、ディーラーは自分のホールカードを引きます。
最後にディーラーがカードをめくり、17以上になるまでカードを引いていきます。
17以上になると追加のカードは引けなくなります。

ディーラーが21点以上になると、バストしていない残りのプレイヤーが勝ちになります。
ディーラーよりも21点に近いプレイヤーが勝ちとなり、賭けた金額と同じ配当が獲得できます。
ディーラーよりも21点に離れたプレイヤーは負けで、賭けた金額は没収されます。

ブラックジャックの攻略方法

ブラックジャックの攻略方法

カジノによっては、ヒットやスタンド以外の特別ルールがある場合があります。
「ダブルダウン(Double down)」は、最初のカード2枚を見たあとに、ベッドを2倍にして、もう1枚カードを引くことです。
もう1枚引けば勝てると思ったときに、役立つ方法です。

「スプリット(Split)」は、最初のカード2枚が同じ数字の時、初めのベッドを同額を追加して、2つに分けてプレイできる方法です。
2つ手になるので確立も上がり効果的な方法です。
「サレンダー(Surrender)」は、プレイヤーが勝ち目がないと判断して、掛け金の半分を放棄して降参することです。

全額を没収されることを避けられる、有効な方法です。
「インシュアランス(Insurance)」は、ディーラーの表向きのカードがA(エース)の時、最初のベッドの半額を追加して、保険をかける方法です。

ディーラーがナチュラル21(ブラックジャック)の場合、保険としてかけた金額の2倍の保険金が払い戻されます。
違った場合は、保険の掛け金は没収されます。

ブラックジャックは、プレイヤー側の選択の種類が多いゲームです。
「基本戦略(Basic Strategy)」と呼ばれる統計学的に適した選択をすることで、カジノ側の優位を縮小できると言われています。
基本戦略の表を参考にして、オンラインカジノのブラックジャックを攻略してみてください。

著者:concertoperunami

お得なプロモーション多数のジパングカジノ

すっかり定着しつつある、オンラインでカジノを楽しむオンラインカジノ。
その中でも元祖オンラインカジノとも呼ばれるサイト、ジパングカジノについてご紹介します。

また、ジパングカジノでは数多くのキャンペーンがあるのが特徴で、お得なキャンペーンも参照してみて下さい。

まずはオンラインカジノサイトとは?

まずはオンラインカジノサイトとは?

オンラインカジノと最近よく耳にするという方も、多いのではないでしょうか。
オンラインカジノとは、インターネット上で海外のカジノを楽しめる、バーチャルながら本物のカジノです。

日本基盤でのオンラインカジノサイトというのは、認められていませんが、海外でライセンスをとって合法的にサイト運営をしている、オンラインカジノサイトで、日本人も遊ぶことができます。

オンラインカジノの魅力は、なんといっても実際にお金を賭けて遊べる緊張感や、ライブゲームなど、まるでその場にいるかのようにカジノが楽しめるのが魅力です。

ジパングカジノとは

ジパングカジノとは、オンラインカジノで約15年以上も歴史を持つ老舗のサイトの一つです。
フィリピンでのライセンスをもったこのサイトは、最近リニューアルしたばかりで、ゲームの数が各段に増えたことでも知られています。

ジパングカジノの他にも、日本人に人気の大手カジノオンラインサイトには、ベラジョンカジノ・ラッキーニッキー・カジ旅・カジノシークレットなどがあります。

その中でも、ジパングカジノはやはり日本人向けのサービスの充実という点が人気です。

ジパングカジノの特徴

ジパングカジノの特徴

ジパングカジノ特徴で最もなのが、前述にもありますが日本人向けサービス・サポート体制の充実度です。
24時間メールやチャットで日本語で問い合わせができ、また日本語でのフリーダイヤルでのサポートもあります。
特に、オンラインカジノ初心者の方には、安心して利用できるメリットと言えるでしょう。

また第2の特徴としては、2020年に大幅なリニューアルが行われ、以前は1つのゲームプロバイダからのゲームの提供でしたが、現在は複数のプロバイダからのゲームとなり、ゲームの数が増えました。
そのゲームプロバイダも、しっかりとした監査を受けているので安心です。

ゲームの数が多いので、自分のお気に入りのゲームも見つけやすいです。
ゲームの遊び方やゲームの攻略など、ジパングカジノはユーチューブで公式チャンネルも持っていることもあり、ユーチューブチャンネルと連動した遊びも楽しめそうです。

他にも、遊んだ後のお金の引き出しが早いという特徴もあります。
やっぱりカジノで遊んだあとには、素早く配当が入ると嬉しいですし、安心して遊べます。

ジパングカジノの決済方法はクレジットカードが不可で、あまり多くはないですが、ジパングカジノの系列会社のペイトラという決済方法が便利です。
入金や出金の手数料が無料なので、簡単に利用できてまた安心感もあります。

このようにジパングカジノは、安心・安全という意味でも日本人から多くの支持を得ているのが分かります。

ジパングカジノのキャンペーン詳細

そしてこちらも、ジパングカジノの大きな特徴とも言えるキャンペーンの豊富さが挙げられます。
他のオンラインカジノでも、時期によってさまざまなキャンペーンが行われていますが、やはりジパングカジノのキャンペーンは日本限定などが多く、他とは一線を画しています。

どのようなものがあるのか、簡単にみていきましょう。
ただし、期間限定が多いので参考までにご参照ください。
またボーナスなどキャンペーンはプロモーションメールで受け取りが主で、利用方法はメールにて確認しましょう。

マンスリーボーナスやマンスリーリベンジ

ジパングカジノのキャンペーン詳細

例えばこのマンスリーボーナスやマンスリーリベンジは、除外ゲームはありますが禁止ゲームなく利用できるボーナス特典です。

少しボーナスがあると、やっぱりカジノは遊びたくなります。
この時に負けてしまっても、マンスリーリベンジやマンスリーリベンジリベンジといったボーナスがある時も。

スーパーキャッシュバック

一定期間中に残念ながらゲームに負けていまった場合でも、キャッシュバックがあるキャンペーンもあります。
負けてくやしいですが、次回のチャンスがもらえるのは嬉しいキャンペーンです。

お誕生日ボーナス

お誕生日月の方に対して、現金チップが自動的に進呈されるキャンペーンです。
しばらく遊んでいない方でも、ボーナスがあればまた遊びたくなるキャンペーンです。

その他にも期間限定キャンペーンが多いので、ホームページやプロモーションメールを確認しておくといいでしょう。

まとめ

最近、ますます気になるオンラインカジノ。
できるだけ、安心して遊びたいオンラインカジノですので、しっかりとサイト選びをおススメします。

ご紹介したカジノジパングでは、スマートフォンやタブレットからも遊ぶことができるので、気軽にどこでも遊べます。

また色々なキャンペーンもありますし、無料でお試しもありますので、オンラインカジノを始めての方に特におすすめです。

著者:concertoperunami

各々の入出金手段の長短を考える

オンラインカジノの魅力の一つに、金銭のやり取りがあります。
この金銭のやり取り、オンラインカジノの入出金にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回、オンラインカジノで取り扱っている入出金方法を紹介し、メリットやデメリットについて触れていきます。
これを読めばきっと、オンラインカジノの入出金方法について知ることができるのではないでしょうか。

現金を直接扱うクレジットカードや現金送金

現金を直接扱うクレジットカードや現金送金

メリット
オンラインカジノで直接現金のやり取りができるのがクレジットカードや現金送金です。
主に米ドルによってクレジットカードで入金をし、米ドルを両替した状態で日本の銀行口座へ現金送金するという方法になります。

このメリットは、クレジットカードで気軽に入金ができることや具体的にいくら出金できるかが分かりやすいことです。
クレジットカードの入金はとても簡単で、海外のECサイト(通販サイト)を利用するような気軽さが魅力と言えます。
まるで海外で商品を買ったように、すぐにオンラインカジノの口座に反映され、遊ぶことができるのです。

また、具体的にいくら出金されるのか分かりやすいのもメリットとして挙げられます。
実際のお金が送金されてくるので、レートなどが分かっていれば何円口座に入ってくるか分かりやすく、しかも入金されれば近所のATMやコンビニで気軽に出金できるのも魅力です。

デメリット
デメリットもあります。
それは出金時の手数料が高いことや時間がとてもかかることです。
入金に関してはデメリットらしいデメリットはありませんが、出金するときの現金送金はデメリットがあります。
出金時の手数料が高いことです。

オンラインカジノによっては無料のところもありますが、場所によっては60ドル(約6,500円)というケースもあります。
この60ドルは極端ですが、他のオンラインカジノでも出金方法の中では高めになっているのが弱点です。
口座に振り込まれるのに時間がかかります。

海外の銀行から日本の銀行に送金をするのは、どうしても大変な作業です。
そのため、翌日には出金できようになる他の出金方法に比べて時間がかかり、場合によっては1週間かかるケースもあります。
こういった手段がクレジットカードや現金送金の特徴です。

電子決済は現在のメインストリーム!

電子決済は現在のメインストリーム!

電子決済はある意味、現在のオンラインカジノのメインストリームかもしれません。
アイウォレット、エコペイズ、ヴィーナスポイントと言ったものが代表的です。
これらの仕組みとしては、アカウントと口座を作り、そこで1ポイント1ドルと言ったようなレートで入金したお金をポイントに変えます。

そして、そのポイントをオンラインカジノに入金し、出金時はポイントに戻して口座に入れるというものです。
メリットとしては、スピーディー、管理が簡単、オンラインカジノ間の移行が便利と言ったものが挙げられます。
電子決済とオンラインカジノの親和性は高く、アドレスとパスワードを入力すれば、わずか1分で入出金ができてしまうケースも珍しくありません。

電子決済サイトにログインすれば、入出金の流れが一目でわかるので分かりやすくこれもメリットです。
また、別のオンラインカジノで遊びたい場合も資金の引き上げがスムーズで新しいオンラインカジノへの入金も簡単なことから、オンラインカジノの移行もしやすいというメリットもあります。

デメリットは、アカウントを作るのが面倒、二重の手数料がかかる場合があると言ったものになります。
電子決済のサービスを利用するにはアカウントを作ることが必要です。

金銭を扱うので、身分証明書の提出や住所などの手続きと言った銀行口座を作るような手間がかかります。
二重の手数料がかかるのもデメリットです。
すべてのケースではありませんが、オンラインカジノからの出金時と電子決済サイトから手元の銀行口座への出金時に二重の手数料が発生する可能性があります。

オンラインカジノの出金時手数料は無料のところもありますが、電子決済サイトから手元の銀行口座へは時に数%程度の手数料が発生します。

これによって出金時の儲けが目減りすることもあるのです。
こういったデメリットはあるものの入出金のスピード感からメインストリームになっています。

仮想通貨は将来の主流になる?

仮想通貨は将来の主流になる?

仮想通貨と言うと、投資の材料だったり、ニュースのネタになったりと言った話題が先行します。
しかし、オンラインカジノでは実際の決済に採用するところも出てきました。
メリットとしては、スピード感、扱いやすいといった点です。

電子決済のようにすぐに反映されるため、入出金が迅速にできますし、自分の口座(ウォレットのアドレス)に直接入金されるので手軽です。

さらに仮想通貨を持って、国内の仮想通貨取引所で現金出金を依頼すれば簡単に現金としてATMやコンビニで出金できます。
デメリットしては、慣れないと使いにくい、レートの変化が激しいということです。
アドレスや仮想通貨を受け取った後の扱いなど、慣れていないと何となく抵抗を感じます。

また、誤ったアドレスを入れてしまうと、永久に取り戻すことはできなくなるという点も注意です(銀行であれば何とか取り消せるものの仮想通貨は不可能)。

さらに、米ドル日本円以上にビットコイン日本円のレートは激しく、儲けていたと思ったら目減りして大損したということすらあります。
若干レートの不安定さはあるものの、慣れると使いやすいことから将来の主流になりうる入出金方法です。

入出金方法の基本的な流れ

最後にオンラインカジノの基本的な入出金について解説します。
入金は簡単です。
トップページから、たいていのオンラインカジノでは一番目立つところに入金というアイコンがあるので、それを選んでクレジットカードの番号や電子決済のアカウント、仮想通貨のアドレスなどを入力し金額を入れます。

出金はやや面倒です。
事前に身分証明の手続き(設定などから行える)を済ませておき、その後出金のアイコン(目立たないところにあることも)を選び、銀行口座や電子決済のアドレスやパスワード、仮想通貨のアドレスを入力し、金額を入れて出金申請を行います。

入金はどこのオンラインカジノも簡単ですが、出金は難しいところもあるので、オンラインカジノを始める前に出金方法はきちんと押さえておきましょう。

著者:concertoperunami

日本人が親しみいやすいラッキーデイズカジノ

2019年開設の新オンラインカジノ

2019年開設の新オンラインカジノ

ラッキーデイズカジノは2019年に開設されたばかりの新オンラインカジノです。
オンラインカジノ業界では毎年数多くのオンラインカジノが開設されていますが、競合が非常に多いため、多くのオンラインカジノは開設から数年で閉鎖しています。
ラッキーデイズカジノはそうした生き残りの厳しいオンラインカジノ業界において、着実にプレイヤー数を伸ばし、現在注目のオンラインカジノとして話題を呼んでいます。

特に日本人プレイヤーからの支持が高く、新規プレイヤーの多くは日本人プレイヤーとなっています。
なぜ、日本人プレイヤーから高い支持を受けているのかというと、それは日本人が利用しやすい環境が整っているからです。

ラッキーデイズカジノは完全に日本語に対応しているため、サイトにアクセスした時点では海外で運営されているサイトだということに気づける人はいないでしょう。
日本語に誤りなどはまったくありませんし、表現も自然で日本人が作った日本のサイトと変わりません。
そして、サポートも完全日本語対応となっていて、不明点を日本語にて尋ねることができます。
返事ももちろん日本語で返してもらえるので、不明な点があってもすぐに解決することができます。

用意されているサポートはライブチャットとメールの2種類で、ライブチャットは16時~8時まで、メールは24時間受付可能となっています。
ゲームに関してもプレイ画面、プレイ方法どちらも日本語となっているので、オンラインカジノ未経験者の方でも安心して遊ぶことができます。

また、ラッキーデイズカジノは日本円でプレイできる珍しいオンラインカジノです。
オンラインカジノは基本的にドルかユーロでプレイすることになるので、ドル、ユーロに馴染みがないと、正しい金銭感覚を持つことができず必要以上に資金を使ってしまう恐れがあります。
ラッキーデイズカジノは日本円でプレイすることができるので、いつでもしっかりと資金を把握することができます。

そのため、金銭感覚が狂ってしまうこともなく、安全にギャンブルを楽しむことができます。
こうした日本人が親しみやすい環境が整っていることから、ラッキーデイズカジノは日本人プレイヤーの間で評判のオンラインカジノとなっています。

安心できるキュラソーライセンスを取得

安心できるキュラソーライセンスを取得

オンラインカジノは海外政府より運営を認められている海外の合法ギャンブルです。
その合法ギャンブルである証となるのが、世界各国の政府が発行するライセンスです。

取得しているライセンスの情報は必ずオンラインカジノサイトトップページ上に掲載されているので、ライセンスを取得せず運営している違法オンラインカジノを利用しないためにも、アカウント登録の前にライセンス情報に目を向ける必要があります。

ラッキーデイズカジノは当然ながら違法オンラインカジノではなく、ライセンスを取得し運営している合法オンラインカジノです。
ラッキーデイズカジノは運営会社が置かれているオランダ領キュラソーの政府よりライセンスを取得し運営を行っています。

キュラソーのライセンスは現在のオンラインカジノ業界において広く普及しているライセンスで、万が一そのオンラインカジノで問題が起こった場合、最終的にキュラソー政府が問題の解決にあたってくれるので、万が一の事態のことを心配する必要はありません。

そして、ラッキーデイズカジノはゲーミングライセンスを取得し、第三者機関によるチェックも定期的に受けているので、いつでも公平なゲームを楽しむことができます。
このようにキュラソーライセンスに加え、第三者機関によるチェックも受けているので、ラッキーデイズカジノは安全性が高く、信頼できるオンラインカジノであると言えるでしょう。

総額10万3千円のウェルカムボーナス

総額10万3千円のウェルカムボーナス

オンラインカジノには現金と同じようにゲームに使えるチップをもらえるボーナスというキャンペーンがあります。
ギャンブルでこうしたキャンペーンを行っているのは世界中どこを探してもオンラインカジノ以外にはないでしょう。
そのオンラインカジノのボーナスの中でもとりわけ豪華なのがウェルカムボーナスです。

多くのオンラインカジノは少なくても300ドル以上のウェルカムボーナスを用意しているので、自己資金をそれほど用意できなくても大きな勝負を行うことができます。
ラッキーデイズカジノのウェルカムボーナスはなんと総額10万3千円という驚きの豪華さとなっています。
そのウェルカムボーナスの内訳はアカウントの開設で3千円のボーナス、初回入金で最大5万円、2回目の入金で最大3万円、3回目の入金で最大2万円となっています。

ボーナスの付与率は、初回入金は入金額の100%、2回目の入金は入金額の50%、3回目の入金は入金額の100%となっています。
ボーナス分を出金するには最低賭け条件をこなす必要がありますが、ラッキーデイズカジノは他のオンラインカジノよりも易しいボーナス額の25倍となっていますので、自分のペースでゲームをプレイしていれば自然と条件をこなすことができるでしょう。

著者:concertoperunami

プレイテックのここが魅力的!!

プレイテックは1999年に創立されたソフトウェア会社です。
オンラインカジノ運営会社はプレイテック社のゲームを積極的に採用しており、遊べるオンラインカジノが多数あります。

プレイテックの概要

プレイテックの概要

プレイテックは1999年に創立され、現在は世界12か国で3000人以上を雇用する大企業にまで成長しています。
2006年にはロンドン株式市場に上場を果たしました。
ゲームソフトウェアのトップメーカーである、マイクロゲーミング社と並ぶトップの座に君臨しています。
ゲームの一部は実際のカジノでも採用されています。
プレイテックのゲームは、開発、維持、管理、すべて自社で行われています。
自社ですべて一貫して行うことにより、公平性、安全性、品質に優れたゲームを世に送り出しています。
一つ一つの作業は丁寧に行われており、その質の高さがプレーヤーから評価されています。

プレイテックのゲーム

プレイテックのゲームは、グラフィックやサウンドの質が高い特徴があります。
ゲーム全体の世界観が作られており、細部まで手を抜かずに作られたゲームは、プレイを楽しめることはもちろん、グラフィックやサウンドも楽しめることでしょう。
ゲームのサイズは軽く、操作はストレスフリーです。
軽やかにプレーができます。
プレイテックが開発・提供しているゲームは600種類以上です。
スロット、バカラ、シックポー、ルーレット、マネーホイールなど、さまざまなゲームを提供しています。
スロットだけでも、「Great Bule」「White King」「Highway Kings」など、種類が豊富です。
「Great Bule」は海をモチーフにしたスロットで、シャチやタツノオトシゴなどの絵柄があります。
勝ち負けの波が激しく、ギャンブル要素が盛りだくさんです。
一攫千金を狙うプレイヤーの支持を集めています。

Great Buleもそうですが、プレイテックのスロットはフリースピンが用意されています。
フリースピンをうまく利用して、高配当が期待できます。
プレイテックはライブカジノも提供をしています。
ライブカジノは、ディーラーの映像がルーレットを回したり、カードを配ったりする様子を生配信し、配信される映像を見ながら実際のカジノでプレイしているかのようにゲームで遊べるものです。
ディラーは外国人で英語を話していることが一般的ですが、プレイテックには日本語対応をしたライブカジノもあります。
ゲームはパソコン版だけでなく、モバイルにも対応しています。

プレイテックのゲーム

プレイテックのゲームで遊べるカジノ

プレイテックのゲームを採用している、日本人向けオンライカジノは多数あります。
カジノジャンボリーやジパングカジノが代表例です。
ジパングカジノは日本語対応サポートに力を入れており、日本人向けのゲームをそろえています。

ボーナス

プレイテックのスロットには、ボーナスが用意されているものが多くあります。
ボーナスの内容はゲームの結果次第で変わるものもあり、どんなボーナスがもらえるのかワクワク感があります。
しかし、ボーナスの乱用には注意をしなければなりません。
プレイテック系のオンラインカジノでは、ボーナス乱用者を厳しく規制しています。
ボーナス乱用者の情報はプレイテック系オンラインカジノで共有しているため、一つのオンラインカジノでボーナス乱用者だとみなされてしまうと、他のカジノでもボーナスを利用できなくなったり、ゲームを一切プレイできなくなってしまったりします。
新規アカウントの作成ができなくなるここともあります。
ボーナスは魅力的ですが、ボーナスの獲得を目的にしたり、それを乱用したりせず、節度を持って遊ぶとよいでしょう。

プレイテックの信頼性

プレイテックの信頼性

プレイヤーが勝手ばかりではカジノ運営側が損をしてしまうし、プレイヤーが負けてばかりでは不公平です。
公平性が保たれるように、ソフトウェア会社は外部の審査機関によってチェックがされています。
プレイテックはマルタやジブラルタルでライセンスを取得しています。
ライセンスを取得するためには厳しい審査をクリアする必要があり、マルタやジブラルタルは審査が厳しいことで知られています。
第三者機関からの審査を受けているかも、信頼性を図るうえでの参考になります。
プレイテックはGLIの審査を受けています。

GLIは世界最大規模の審査機関であり、ラスベガスやマカオのカジノの還元率(ペイアウト率)を公表しています。
また、映画などエンターテイメント制作を行っているワーナーブラザーズとの契約をしています。
ワーナーブラザーズは1992年にアメリカで創立され、世界的に有名な映画を数々生み出している信頼できる企業です。
そのワーナーブラザーズと契約を結んでいるプレイテックは、社会的信頼性の高い企業といえるでしょう。
また、自社で開発、維持、管理を行っているゲームは、品質に優れ、公平性が高く、プレイヤーから評価されています。