ギャンブルの過去とオンラインカジノの未来

ギャンブルというものは様々な側面を持っています。人によってはギャンブルがなければ生きていけないほどギャンブルにとりつかれます。逆に、ギャンブルの危険性に過剰反応しギャンブルを忌み嫌う場合もあります。これだけ人によってギャンブルの評価が違うのは、やはり「実際のお金を賭ける」という単なるゲームにはない特徴があるためでしょう。
そのためギャンブル、誕生してから現在まで肯定的な意見も多数あれば否定的な意見も多数ありました。そんな中で生まれた。オンラインカジノは、世の中にどのように紹介され、今後どのように発展していくことが予測されるのでしょうか。


ギャンブルの過去

ギャンブルというものに対して、世論は何年もかけて進化と変化を繰り返してきました。
例えばアメリカでは1890年代、ギャンブルが完全に禁止されました。ギャンブルで身を滅ぼしてしまう危険性が叫ばれてダメです。しかし、1920年代にはギャンブルが経済を刺激する要因であると考えられ、徐々に世論はギャンブルに寛容的になりました。そして1931年にネバダ州でギャンブルが合法化されたことによって、ラスベガスが生まれたのです。1970年代になると、アメリカ全土でギャンブルが合法化され、なんと映画産業と音楽産業とテーマパーク産業全て足した収益を越えるほどの大きな産業に膨れ上がったのです。

オンラインカジノの現在

1997年にオンラインカジノが初めて生まれ、そこからインターネットの拡大と共にオンラインカジノも普及を続けてきました。そして、2003年には「eコマースオンラインゲーム規制と補償」という団体が設立され、インターネット上で行うギャンブルに対しての法律や規制が国をまたいで制定され、オンラインカジノをより広く安全に楽しめるものとしてくれました。しかし2006年、アメリカでオンラインカジノとの取引を違法とする法案が可決されました。さこれはオンラインカジノ業界において大きな痛手であり、主要なオンラインカジノ運営会社の株価は軒並み急落しました。しかし、そこからオンラインカジノは規模を縮小することなく現在もプレイヤー人口を増やし続けています。

まとめ

ギャンブルは常習性があるため、人々の判断力を低下させ、破滅に追い込む可能性があります。そのため、一部の人からは危険視されますが、記事のゲームと考えた場合、お金を賭けている分楽しむ際の興奮度が違います。お金をかけたゲームの興奮を一度味わうと、その他のゲームでは物足りなくなってしまいます。危険性と娯楽性のバランスによって非常に扱いが難しいオンラインカジノですが、アメリカの法律規制によって一度は市場規模が縮小しましたが、今後も大きな法律の改正がなければ成長を続けていくでしょう。