パチスロとオンラインカジノはどちらが勝ちやすいのか

日本人が最もお金を使っているギャンブルといえばパチスロでしょう。しかしながら、パチスロと現在拡大を続けているオンラインカジノは、どちらの方が勝ちやすいギャンブルなのでしょうか。その場合の指標としてギャンブルには、勝ちやすさを示すペイアウト率という数字が存在します。その割合を考慮しながら、パチスロとオンラインカジノ比較してみようと思います。


パチスロとオンカジノのペイアウト率

パチスロもオンラインカジノも、ペイアウト率の考え方は「マシンペイアウト率」と呼ばれます。お客さんの財布から出た金額ではなく、マシンに投入されたチップやコイン、玉の数を分母として、マシンから排出された。チップやコイン、玉の数を分子とする計算方法です。
同じマシンから出てきた玉がまたマシンに入り、再び出てきてまた入るという循環が繰り返されるため、分母も分子も非常に大きな数になります。例えば、お客さんの財布から出たお金が1万円だったとしても、実際にマシンの中に入ったお金の数は10万円分になるかもしれません。マシンから9万円が排出されたとすると、1万円のマイナスになりますので、結果としてお客さんの手元にはお金が1円も残りません。しかし、ペイアウト率としては90%という高い数字になります。ペイアウト率にはこのようなカラクリがあるのですが、パチスロもオンカジの計算の方法が同じなのであれば90%を超えるオンカジの方が勝ちやすいといえるのではないでしょうか。

パチスロにはペイアウト率だけではない要素が多い

パチスロの場合、玉と現金の交換率や、釘の設定、台の設定、デジタルの確率など様々な要素が合わさり、最終的な勝ち負けが決まります。特に台による設定の違いというのが大きく、良い設定の台に当たればその台に関するペイアウト率だけは100%を超えます。
オンラインカジノの場合、台によるペイアウト率の変化というものはありません。どのプレイヤーも平等に一定の確率で勝つか負けるかが決まります。

まとめ

そのように考えると、全プレイヤーの勝ち金と負け金を均したら、オンラインカジノの方がお金の減りは少ないといえるかもしれませんが、勝った時の爆発力はパチスロのほうが大きいといえるのかもしれません。もちろん、オンラインカジノのスロットでジャックポットが当たった時のその爆発力は凄まじいものがありますので一概には言えませんが、少なくとも「当たる設定の台を見分ける力があればパチスロの方がペイアウト率が高い」と言えるのかもしれません。