オンラインカジノは違法なのか?プレイする際の注意点

日本に存在する賭博法が取り締まる対象としている賭博罪には「必要的共犯」という条件があります。つまり、胴元側もプレイヤー側もどちらも違法でなければ成立しないのです。しかし、オンラインカジノというものは、カジノを認可している国からライセンスを取得して海外で運営しているものがほとんどです。そのため、日本国内の賭博罪はオンラインカジノの胴元側には適用されないため、非常にグレーな部分があります。
しかし、法律的に大丈夫だからと言って安心してプレイができるのかというとそうではなく、過去にオンラインカジノに関する逮捕者が出る事件も発生しています。そのため、安心してオンラインカジノをプレイするためにも、過去の事件を参考にオンラインカジノで安心してプレイするための条件をお伝えします。


日本人向けのサービスを使用しない。

過去に逮捕者が出たオンラインカジノは全て日本人向けに特化したサービスを提供していたオンラインカジノです。ライブカジノのディーラーが日本人であったり、日本語対応のみだったりといった形になります。英語が主体で日本語にも対応しているということであれば問題はないのですが、その逆で日本語しか対応しておらず、外国語には対応していないというカジノは、警察からは日本の提供しているサービスであるとみなされてしまう可能性があるためです。

BETしている金額が他の人にわからないカジノにする

自分がBETしている金額が、他のプレイヤーにも見える形のカジノになると、もし警察がカジノの内部にプレイヤーとして捜査に入った際、誰がいくらお金を賭けているのかということがばれてしまいます。これは警察が逮捕に踏み切るきっかけにもなってしまうので、このようなサービスを利用するのはやめましょう。

自分のブログやSNSで、プレイ画像を公開しない

スマートライブカジノ事件の場合、逮捕された3名のプレイヤーは、いずれも自分のブログでプレイ画像を公開していました。その中には、ユーザアカウント名なども含まれていたようです。そのため、警察がプレイヤーとして内部捜査でオンラインカジノの中に来た際に、そのアカウント名をポイントにして、本人を特定され、賭けている金額を探られてしまう可能性があります。

まとめ

以上のことから、一部のオンラインカジノは危険もありますが、規模の大きなカジノであれば、安心してプレイできるということがわかるのではないでしょうか。あとは、不用意に自分のプレイ内容やプレイ画像を公開しないということに気をつければ安心して遊べるはずです。